長島哲太、初MotoGPで好結果の可能性高い!? テスト共にしたクラッチロー「ロケットアタックが本当に速かった」

カル・クラッチローはMotoGP第16戦日本GPでワイルドカード出場するホンダの長島哲太に関して、もてぎてテストを共にした経験からすると日本GPで周囲を驚かせるだろうと高い評価を与えている。

長島哲太、初MotoGPで好結果の可能性高い!? テスト共にしたクラッチロー「ロケットアタックが本当に速かった」
Listen to this article

 RNFヤマハのカル・クラッチローはMotoGP第16戦日本GPにワイルドカード参戦する長島哲太(Team HRC)が周囲を驚かせる走りを見せるだろうと称賛した。

 ヤマハテストライダーのクラッチローは、第14戦サンマリノGPをもって現役を引退したアンドレア・ドヴィツィオーゾの穴を埋めるため第15戦からレースに参戦。ヤマハの母国戦となる日本GPも変わらず彼がYZR-M1を走らせる。

Read Also:

 もてぎでのレースは2年ぶりとなるクラッチロー。走行を前にもてぎ戦への所感を聞かれたところ、彼はもてぎでのテストは行なっているものの、時間が制限されていること、バイクも異なる仕様であるため、大きな違いにはならないだろうという考えを示した。

「ここで僕らがテストしているモノは、今のレースとは全然違ったものだよ」

「トラックに関する知識という点でも、走行できる時間は限られているからね。7月に2日間テストをしたけど、コースコンディションも悪かったし、気温も40度近かった」

「だから、正直なところアドバンテージは無い」

「ただ、このコースは好きだし、日本も素晴らしい国で好きだから、ここに来られて嬉しい。日本に来ることができてよかったよ」

 そしてクラッチローはもてぎでのテストはホンダ、スズキと共に行なっており、その際の長島哲太の走りは非常に速く、今回のワイルドカード参戦で周囲を驚かすだろうと、初のMotoGPクラス参戦となる長島を好評価した。

「テストでは僕とスズキの津田(拓也)、ホンダの長島が参加していた」

「長島には驚かされると思うよ。ロケットアタックが本当に速かったんだ。彼は素晴らしい仕事ぶりだったし、今週末彼の姿を見られるのは楽しみだね」

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGP日本GP、開幕直前の木曜にMoto2参戦中“マルクVDS“のピットで火災発生。迅速消火でチームに被害は無し
前の記事

MotoGP日本GP、開幕直前の木曜にMoto2参戦中“マルクVDS“のピットで火災発生。迅速消火でチームに被害は無し

次の記事

ホンダ初のWGP出場マシン&ロッシ優勝RC211Vも登場。コレクションホールでエンジンサウンド披露|日本GPイベント情報

ホンダ初のWGP出場マシン&ロッシ優勝RC211Vも登場。コレクションホールでエンジンサウンド披露|日本GPイベント情報