日本GP独走優勝のミラー、完璧なレースぶりに驚き「”頭の中の声”が最大の敵だった。これまでの努力の結果だ」

MotoGP第16戦日本GPで独走勝利したジャック・ミラーは、久方ぶりの表彰台の頂点を大いに喜んでおり、これほどまでに調子が良かったことには驚きも感じていると話した。

日本GP独走優勝のミラー、完璧なレースぶりに驚き「”頭の中の声”が最大の敵だった。これまでの努力の結果だ」
Listen to this article

 3年ぶりの開催となったMotoGP第16戦日本GPは、ドゥカティのジャック・ミラーが独走でレースを支配して今シーズン初優勝を達成。彼も自身の速さには驚きがあった様子だ。

 ミラーが勝利を挙げるのは2021年フランスGP以来、1年4ヵ月ぶり。予選では7番手となっていたが、決勝レースではライバルを寄せ付けない独走ぶりで、余裕のトップチェッカーだった。

 今回、ミラーはリヤにハードタイヤを選択しており、それがアドバンテージとなっているようにも見えた。ミラーはタイヤ選択は難しかったとしつつも、朝のウォームアップ走行での好感触から、ハードを使用する決定を下したと語っている。

「特にファビオ(クアルタラロ/ヤマハ)や、アレイシ(エスパルガロ/アプリリア)がミディアムを選んでいたけど、僕も金曜日にミディアムでレースシミュレーションを行なっていたし、データはあったんだ」

「難しい選択だった。でもウォームアップでハードを試して、感触が良かったんだ」

「正直、金曜日に走行が始まってから、信じられないほどに調子が良かった。全てが簡単で、バイクはとても上手く機能していた」

「2日目の朝は、ウエットでも本当にいい感じだったし、予選でもうまいことできるだろうと思っていた。でも思った通りにはいかなかったんだ。いつもならウエットだとドライの時以上にトップグループに挑戦できると感じるものだけど、今回はそうならなかった」

「苦戦してしまって、ちょっと熱くなっていたし、少しイライラしていたよ。7番手スタートで少し複雑な状況になるだろうと分かっていたからね。だけど正直、いいスタートが切れた」

「前にいるライダーを簡単に追い抜くことができた。マルケス(マルク・マルケス/レプソル・ホンダ)やオリベイラ(ミゲル・オリベイラ/KTM)のようなライダーを抜いていくのは、普通は難しいんだけどね。でも気持ちよく走れたし、自分の計画通りに前に出ることができた」

「その後はラップごとにペースをあげていって、4秒近い差になってから、少し落ち着くことができたよ」

 そしてミラーは今回のようにレースを支配できたことには、驚かされたとも認めている。

Jack Miller, Ducati Team

Jack Miller, Ducati Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「不思議だったよ! 正直、レース中はずっと素晴らしい感覚があった。こんな風に乗れたのは今までになかったんだ」

「他のライダーをあそこまで引き離して勝てるなんて思っていなかった。素晴らしいフィーリングだったし、チームには感謝してもしきれない」

「ウイニングラップでは大泣きしていた。信じられないほどにね」

「序盤から最後までほとんどレースを先導するのは最高だ。ああいったレースをするときは、自分の”頭の中の声”が最大の敵なんだけど、それらを聞かないように頑張った」

「今日のマシンは凄く上手く機能していて、そっちに耳を傾けるのは簡単だったよ。あとは僕がバカなミスをしないようにするのが問題だった。この結果はこれまでのハードワークや努力の集大成だよ」

 
Read Also:
シェア
コメント
クアルタラロ、ライバルのミスでリード拡大もレース内容に不満顔「オーバーテイクさえできれば……」
前の記事

クアルタラロ、ライバルのミスでリード拡大もレース内容に不満顔「オーバーテイクさえできれば……」

次の記事

マルク・マルケス、MotoGP日本GPで”まだ目指す時ではない”と語っていた4位入賞を果たす「予想をはるかに上回る結果だった」

マルク・マルケス、MotoGP日本GPで”まだ目指す時ではない”と語っていた4位入賞を果たす「予想をはるかに上回る結果だった」