大いに盛り上がったMotoGP日本GP。3年ぶり母国戦を終えた日本人ライダー達のSNSまとめ

3年ぶりの開催となったMotoGP日本GP。中小排気量クラスの日本勢の大活躍から、MotoGPクラスのマルク・マルケスによるポールポジション獲得や中上貴晶の奮闘まで、大盛りあがりのレースとなった。怒涛の展開だっただけに、各ライダー達のSNSなどの見落としもあったはずだ。久しぶりの母国戦を終えた日本人ライダー達のレース後の反応をまとめてチェックしよう。

大いに盛り上がったMotoGP日本GP。3年ぶり母国戦を終えた日本人ライダー達のSNSまとめ
Listen to this article

■MotoGPクラス

Related videos:

中上貴晶(20位)

 
Read Also:

長島哲太(DNF)

 

津田拓也(DNF)

 

■Moto2クラス

小椋藍(1位)

Read Also:
 
Related videos:

■Moto3クラス

佐々木歩夢(3位)

Read Also:
 

鈴木竜生(DNF)

 

山中琉聖(8位)

 

鳥羽海渡(DNF)

 

古里太陽(14位)

「初めてのポイントを日本GPで獲得することができました。とてもうれしいです。チームのサポートに感謝したいです。このサーキットは走ったことがあるので、初日からいいフィーリングがありました。今回はフリー走行で2度転倒したことで予選がやや消極的になりました。次戦タイでは、3回目のQ2進出を目指し、さらに上位を目指したいです」(プレスリリース)

 

濱田寛太(DNF)

「この週末は僕にとってとても難しいものでしたが、とても良い経験になりました。Moto3に乗る機会を与えてくれたsnipersteamに感謝です! 次はFIM JuniorGP ラウンド7のアラゴン戦です!」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
マルケス完全復活は近い!? 日本GPでは「骨折以来初めてレースで痛みを感じなかった」
前の記事

マルケス完全復活は近い!? 日本GPでは「骨折以来初めてレースで痛みを感じなかった」

次の記事

【動画】小椋藍、母国日本GPで16年ぶり日本人勝利! Moto2クラスハイライト

【動画】小椋藍、母国日本GPで16年ぶり日本人勝利! Moto2クラスハイライト