MotoGP オーストラリアGP

長島哲太、MotoGPマシンで初挑戦のフィリップアイランドで、ジャンアントニオとのバトル制し19位「厳しいレースだったが、バトルで色々学べた」

LCRホンダから中上貴晶の代役としてMotoGP最高峰クラスに挑んでいる長島哲太は、フィリップアイランドでのオーストラリアGPで19位完走。厳しいレースだったとしながらも、多くのことを学んだようだ。

Tetsuta Nagashima, HRC Team

 MotoGP第18戦オーストラリアGPで、LCRホンダの長島哲太は24番グリッドからスタートして19位フィニッシュ。高速サーキットをMotoGPマシンで集団で走るのは難しかったと語った。

 長島は負傷により欠場している中上貴晶の代役として、前戦タイGPからLCRホンダのライダーを務めており、ワイルドカード参戦した日本GPから3戦連続でMotoGPの最高峰クラスに挑んだ。

 MotoGPマシンで初めて走るフィリップアイランドのコースに苦労したものの、決勝ではグレシーニのファビオ・ディ・ジャンアントニオを最終ラップでオーバーテイクし19位。タイGPに続き、2戦連続での完走を果たした。

「ここのような高速サーキットでMotoGPマシンの集団で走行するのは初めてだったので、今日は厳しいレースでした。難しかったですが、全体的に今週末は一歩前進できたと思います」

 長島はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「集団について行けませんでしたが、たくさん学ぶことができましたし、レース中にいろいろトライすることができました。最後はファビオといいバトルができました。彼について行き、いろいろ学ぶことができました。彼をパスできたときはとても嬉しかったです」

「チームに感謝したいです。彼らは良いマシンを準備してくれて、本当によくサポートしてくれました」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 エスパルガロ、電子制御のトラブルでチャンス活かせず。アプリリアは「タイトルを争うレベルにない」
次の記事 中上貴晶、さらにMotoGPマレーシアGPも欠場へ。長島哲太がLCRホンダで代役参戦続投

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本