MotoGP サンマリノGP

高橋巧、リンス代役で参加のサンマリノGPは105%タイム突破できず終了「機会を与えてくれたホンダとチームに感謝しています」

MotoGP第12戦サンマリノGPに参戦した高橋巧だったが、105%ルールを満たすタイムを記録できなかったため、予選以降のセッションには出場できなくなってしまった。

Takumi Takahashi, Team LCR Honda

 負傷中のアレックス・リンスの代役としてLCRホンダからMotoGP第12戦サンマリノGPに出場した高橋巧だが、トップから105%という基準タイムに届かなかったことで、予選以降のセッションに出場できずに週末を終えることになった。

 第6戦イタリアGPでクラッシュし右足を骨折してしまったリンスは、回復に時間がかかっており、現在も欠場が続いている。これまではWSBKライダーのイケル・レクオナが彼の代役を務めてきたが、サンマリノGPではWSBKのマニクール戦と日程が重複しているため、レクオナ以外から代役を立てる必要があった。

 そして起用されたのが今年の鈴鹿8耐ウイナーでもある高橋だ。彼にとっては8年ぶりのMotoGP参戦だった。

 ただサンマリノGPが始まると、高橋にとっては厳しい状況が続いた。初日のフリー走行とプラクティスでは、予選に参加するために必要な各セッショントップのライダーから105%以内のタイムを記録できなかったためだ。

 2日目午前のFP2が最後のチャンスとなっていたが、ここで5.186秒差の1分36秒989を記録。そしてこのタイムは105%以内には僅かに届かないものだった。そのため高橋は予選に参加できず、結果としてスプリントレースと決勝レースにも参加せずに週末を終えることとなった。

 高橋はFP2で転倒があったが、彼としてはこのアクシデントがなければ通過できたはずだと考えているという。なお後の検査では右足親指に小さなヒビが入っていることが判明したとチームは報告している。

■LCR Honda CASTROL 高橋巧

「今大会は最大限の努力をしましたが、残念ながら予選を通過できませんでした。転倒しなければ通過できたと思います。本当にわずかの差だったので残念です」

「走行を終えたあと、医務室で検査を受けました。右脚親指に小さなヒビが入っているとのことでした。日本に戻って、検査と治療をしたいです」

「転倒後、再びコースに出ましたが、タイムを更新できず残念です。こういう機会を与えてくれたHRCとLCRに感謝するとともに、アレックス・リンス選手の早期回復を祈っています」

 

前の記事 移籍の噂で“時の人”のマルケス。6度のMotoGP王者は雑音も気にならない? 課題のレースではフルプッシュを続けられるフィジカルが必要か
次の記事 スプリント勝利のマルティン、決勝では「一貫性をさらに示せる」と示唆。連続ポール・トゥ・ウィンなるか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本