MotoGP インドネシアGP

ディ・ジャンアントニオ、自己ベスト4位に「この結果が必要だった」来季シート喪失が決まった矢先

グレシーニのファビオ・ディ・ジャンアントニオはMotoGPインドネシアGPで自己ベストリザルトとなる4位を獲得。現時点では来季のシートが無い状況だが、自分の力を示すレースにできたと彼は考えている。

Fabio Di Giannantonio, Gresini Racing

 MotoGP第15戦インドネシアGPの決勝で、ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(グレシーニ)は4位と、自己ベストとなる結果を残した。 

 ディ・ジャンアントニオは7番手からスタートすると、オープニングラップで一時は14番手までポジションを下げてしまった。ただそこから少しずつ挽回していき、最終的に4位という自己ベストでのフィニッシュを果たした。

 インディペンデントチーム最高位を記録したディ・ジャンアントニオは、パルクフェルメで涙を流す姿も捕えられており、今回の結果を「とても誇りに、そして嬉しく思う」と語っている。

「(レースは)いいスタートを切ることができて、マルク(マルケス/レプソル・ホンダ)とかなり接近していた。ただウイリーしたときにアクセルを戻す必要があったんだ。ミスをしてしまったせいで1周目は15番手付近にまで落ちてしまった」

「『くそ!やらかした!』と思ったよ。でも27周の長いレースだったから、集中を維持することが求められた。それに僕には良いペースがあったからね。バイクと自分をただ感じ取っていこうとしていた。ものすごいペースだったよ」

「凄く速く走れたし、何の不安もなかった。ライディングにも余裕があったのが幸いだったし、どんどん追い抜いていくことができた。フロントタイヤにはソフトを選んでいたけど、うまくマネジメントできた」

「素晴らしいレースができた。今はとても上手くやっていて、順調なんだ」

「舞台裏ではたくさんの取り組みが行なわれている。最善を尽くしていても簡単ではないけど、結果は自分の力だけで獲得できるものじゃない。全力を尽くしても結果が得られなけれな疑いも持つだろう」

「僕らは集中を維持し続け、馬車馬のように働いた。この結果は勝利でも表彰台でもないけれど、素晴らしいレースだった。パルクフェルメに踏み入れたということが、新鮮な空気を送り込んでくれた。これが必要だったんだ」

 そんなディ・ジャンアントニオだが、彼はマルク・マルケスのグレシーニ加入にともない、今シーズン限りでシートを失うこと決まったばかりだった。残る来季シートがレプソル・ホンダの1席のみという状況になってからの好結果は、タイミングが遅すぎた感もある。

 ディ・ジャンアントニオは「ちょっと残念だ。僕らには自信と忍耐が必要だった」と語る。

「僕らが積み上げてきたものが、そこまで来ているのにそれが終わりになってしまうようなものだ。だけど、僕らは信頼と忍耐をもって取り組んできた」

「”いい話”にはなるだろう。でも様子を見てみよう。未来がどうなるかは誰にも分からないよ。今は大丈夫だし、”もしも”については考えたくない。僕は今を楽しんで取り組んでいるんだ」

「僕たちはこのスポーツの頂点で争っている。あまりたくさんのシートがあるわけじゃないし、結果が悪ければ交代させられる。分かっていることだ。僕は自分のために取り組んでいるし、疑ってくる人に証明できればと思っている」

 

前の記事 ドゥカティ、陣営内の争い巡る憶測に不快感「マルティンにタイトル争って欲しくないという考えは間違っている」
次の記事 エスパルガロ、ソフトタイヤ選ぶ痛恨のミスで表彰台フイに「デグラデーションが予想よりだいぶ早く来てしまった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本