MotoGP ドイツGP

マルティン痛恨の転倒0ポイント! バニャイヤ4連勝でランキング首位浮上&マルケス兄弟が表彰台|MotoGPドイツ

MotoGP第9戦ドイツGPの決勝レースが行なわれ、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが4連勝を果たした。

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGP第9戦ドイツGPの決勝レースが行なわれた。優勝はドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤで、4連勝を果たした。

 予選ではホルヘ・マルティン(プラマック)がポールポジションを獲得。スプリントレース勝利から連勝を目指した。2番手、3番手にはトラックハウスのミゲル・オリベイラとラウル・フェルナンデスが並んだ。

 なおザクセンリンクを非常に得意としているマルク・マルケス(グレシーニ)は、初日の転倒で躓き、13番グリッドからのスタートとなった。

 決勝レースはスプリントレースよりは涼しいコンディションで、気温は20度、路面温度32度の条件でスタート時刻を迎えた。

 全30周の決勝レースは、マルティンがホールショットを奪ってスタート。オリベイラ、バニャイヤが続き、フェルナンデスはポジションを下げた。

 1周目を先頭で終えたマルティンは逃げようとするが、オリベイラを抜いてきたバニャイヤが接近。2周目の最終コーナーでマルティンは追い抜かれてしまった。3番手以下はフランコ・モルビデリ(プラマック)、オリベイラ、アレックス・マルケス(グレシーニ)という並び。マルク・マルケスは先頭集団の隊列後方8番手で前を追いかけていた。

 バニャイヤが大きくリードを築いていくことはなく、マルティンがピタリと後ろにつけた。しばらくアクションは無かったが、6周目のターン1でマルティンがインに飛び込んでオーバーテイク。先頭が入れ替わった。そしてバニャイヤは、9周目にモルビデリにも追い抜かれて、3番手に後退した。

 なおこの頃、後方ではマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)のオーバーランもあり、マルク・マルケスが6番手まで浮上。トップ集団はまだ大きく離れておらず、表彰台も射程圏内と言える状況だった。

 先頭に再び立ったマルティンは2番手のモルビデリと、0.6秒程の差があった。そしてバニャイヤはさらに0.5秒ほど後方という形で、しばらくは膠着状態が続いた。

 レースが折り返しとなった15周目、モルビデリがバニャイヤに追い抜かれて2番手が交代。モルビデリは少しペースを落としていて、4番手のアレックス・マルケスにも迫られ、17周目にオーバーテイクされて表彰台圏内から脱落した。

 マルティンとバニャイヤによる優勝争いは、互いに似たようなペースを維持し、0.7~0.8秒ほどの差からなかなか変わらない。この膠着状態がラスト5周まで続いた。

 レース22周目、4番手のモルビデリがターン1でワイドに膨らんでしまった。マルク・マルケスはここでインを狙ったが、レーシングラインに戻ってきたモルビデリと接触してしまい、危うく転倒という場面があった。

 これでマルク・マルケスは一時的にモルビデリから離されてしまったものの、モルビデリのペースが良くないため再び両者は接近。残り5周の最終コーナーでマルク・マルケスは4番手に浮上した。

 優勝争いが動いたのは、残り2周。トップを走っていたマルティンが、ターン1で痛恨の転倒を喫してしまったのだ。まさかのライバルの自滅によってバニャイヤはトップへ浮上……残りの周回を安全に走りきって勝利を掴んだ。

 2位争いは、追い上げのスイッチが入ったマルク・マルケスが、2秒近くあった差をわずか3周で削りとり、残り2周で弟のアレックスをオーバーテイク。反撃は許さず、兄マルクが2位、弟アレックスが3位となり、初めてマルケス兄弟が揃って表彰台に上がった。

 そしてポイントリーダーだったマルティンが転倒ノーポイントに終わったことでバニャイヤが逆転し、10ポイント差のランキング首位で夏休みに入った。

 日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ)は、15位でフィニッシュ。ホンダ勢最上位でポイントを持ち帰った。ヤマハはファビオ・クアルタラロが11位。アレックス・リンスの代役として参戦したレミー・ガードナーは、20位でレースを終えた。

 MotoGPはこれでサマーブレイクに入る。次戦は8月2日開幕のイギリスGPだ。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 リタイア原因 ポイント
1 Italy フランチェスコ バニャイヤ Ducati Team 1 Ducati 30

-

      25
2 Spain マルク マルケス Gresini Racing 93 Ducati 30

+3.804

3.804

3.804     20
3 Spain アレックス マルケス Gresini Racing 73 Ducati 30

+4.334

4.334

0.530     16
4 Italy エネア バスティアニーニ Ducati Team 23 Ducati 30

+5.317

5.317

0.983     13
5 Italy フランコ モルビデリ Pramac Racing 21 Ducati 30

+5.557

5.557

0.240     11
6 Portugal ミゲル オリベイラ Trackhouse Racing Team 88 Aprilia 30

+10.481

10.481

4.924     10
 

前の記事 小椋藍、熾烈な表彰台争いを制して3位。優勝は逃げ切ったアルデゲル|Moto2ドイツ
次の記事 マルク・マルケス、超追い上げ2位&弟と表彰台に破顔「勝ったような気分」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本