レースレポート
MotoGP ドイツGP

マルティン、じわりライバル突き放し2ヵ月ぶりのスプリント勝利。オリベイラが今季初表彰台|MotoGPドイツ

MotoGP第9戦ドイツGPのスプリントレースが行なわれ、ホルヘ・マルティンがポール・トゥ・ウィンを果たした。

Jorge Martin, Pramac Racing

Jorge Martin, Pramac Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 ザクセンリンクでMotoGP第9戦ドイツGPが開催。MotoGPクラスのスプリントレースが7月6日(土)に行なわれ、ホルヘ・マルティン(プラマック)がポール・トゥ・ウィンを果たした。

 ドイツGPの予選ではポイントリーダーのマルティンがポールポジションを獲得。2番手と3番手にはトラックハウスのミゲル・オリベイラとラウル・フェルナンデスが続くという新鮮なフロントロウの並びとなった。

 ザクセンリンクを非常に得意とするマルク・マルケス(グレシーニ)は、予選Q1のアタックをステファン・ブラドル(ホンダ)に邪魔されたこともあり、Q1敗退の13番グリッドに留まった。なおブラドルにはこの件で決勝での3グリッド降格処分が下された。

 また初日はかなり涼しいコンディションとなっていたドイツGPではあるが、2日目は夏らしい気候に。気温30度、路面温度44度のコンディションでスプリントレースを迎えた。

 15周のスプリントレースはスタートでオリベイラが飛び出して行ったが、4番グリッドスタートのフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がアウト側からスッとインを差して前に出て、先頭に浮上した。そしてマルケスは1周目に10番手までポジションを上げた。

 ここ最近はバニャイヤが逃げ切るパターンが多かったが、今回は3周目にはマルティンに追い抜かれてしまい、さらにオリベイラにも先行を許してしまった。

 マルティン、オリベイラそしてバニャイヤのトップ3は大きくギャップが開くこともなく、付かず離れずの距離で周回を重ねた。また4番手にエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ)もピタリと続き、この4人がトップ集団となっていた。

 ただレースが後半へ入ると、徐々にマルティンが差を広げ始めた。先頭集団のライダーたちに大きなペース差はないものの、1周毎に差をじわりじわりと広げ、残り3周で2番手のオリベイラに約1秒差をつけた。

 マルティンは終盤もペースを落とすことなく走りきり、ギャップを詰められることなくトップチェッカー。フランスGP以来のスプリントレース勝利となった。2位は今シーズン初表彰台となるオリベイラ。3位はバニャイヤだ。

 なお序盤にトップ争いに加わっていたフェルナンデスは、中盤以降ポジションを落としてしまい、14位という結果に終わった。

 後方から追い上げのレースを展開したマルケスは、転倒しそうになるシーンもあったがなんとか体勢を整えると、ラスト3周で5番手集団に追いついた。そしてラストラップにマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)を抜き、6位でフィニッシュ。フロントタイヤ半分ほどの差しかない、僅差の決着となった。

 ホンダ陣営はルカ・マリーニ(レプソル・ホンダ)が15位でフィニッシュし陣営最上位。日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ)は、18位でのフィニッシュだった。ヤマハはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が13位、代役参戦のレミー・ガードナー(ヤマハ)は20位だった。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 リタイア原因 ポイント
1 Spain ホルヘ マルティン Pramac Racing 89 Ducati 15

20'18.904

  162.6   12
2 Portugal ミゲル オリベイラ Trackhouse Racing Team 88 Aprilia 15

+0.676

20'19.580

0.676 162.5   9
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ Ducati Team 1 Ducati 15

+1.311

20'20.215

0.635 162.4   7
4 Italy エネア バスティアニーニ Ducati Team 23 Ducati 15

+1.458

20'20.362

0.147 162.4   6
5 Italy フランコ モルビデリ Pramac Racing 21 Ducati 15

+5.600

20'24.504

4.142 161.8   5
6 Spain マルク マルケス Gresini Racing 93 Ducati 15

+6.281

20'25.185

0.681 161.7   4
 

前の記事 Moto2ドイツ予選|Q1から勢いつけたビエッティがポール。前戦ウイナーの小椋藍は7番手
次の記事 「今年最悪の週末」マルク・マルケス、大得意コースもスプリント6位が限界。負傷と予選Q1敗退で窮地

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本