MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦追加でレッドブルリンクは2連戦に

MotoGPは今年7月に予定されていたフィンランドGPの開催を断念。代替としてレッドブルリンクでスティリアGPが行なわれることになった。

MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦追加でレッドブルリンクは2連戦に

 5月14日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2021年シーズンのMotoGP開催カレンダーの変更を発表。7月に予定されていたフィンランドGPが中止され、レッドブルリンクでの2レース目が追加された。

 フィンランドGPは7月9〜11日にかけて、新設サーキットのキュミリングで行なわれる予定だった。しかし新型コロナウイルスのパンデミックによる渡航制限のため、今回キャンセルされるに至ったと説明されている。

 一方で、MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツは、新たに5年間のフィンランドGP開催契約をキュミリングと締結したことも合わせて発表。フィンランドGPは2026年までMotoGPのカレンダーに残ることになる。

 なお中止されたフィンランドGPの代替戦として、8月6〜8日にレッドブルリンクでスティリアGPが開催される。翌週13〜15日には同サーキットでオーストリアGPが予定されているため、レッドブルリンクで2連戦という形になる。

 またスティリアGPとオーストリアGPに関しては、限定的に観客入場を可能とすることで、地元当局と合意に至っている。

 このスケジュール変更により、MotoGPは6月末のオランダGP後に一度サマーブレイクに入り、8月にシーズンが再開されることになった。

 MotoGPの2021年シーズン開催カレンダーの変更はこれで2度目。後半戦に向けてさらなる変更が発生するかはまだ不明だが、スーパーバイク世界選手権のオーストラリア戦が中止されたことなどから、フライアウェイ戦などの開催には疑問も発生している状況だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPフランスFP1:ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手
前の記事

MotoGPフランスFP1:ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手

次の記事

MotoGPフランスFP2:まるで予選! アタック合戦制したザルコが母国戦初日首位。中上10番手

MotoGPフランスFP2:まるで予選! アタック合戦制したザルコが母国戦初日首位。中上10番手
コメントを読み込む