セッティングに苦戦し予選15位……中上貴晶「アベレージは悪くない」

シェア
コメント
セッティングに苦戦し予選15位……中上貴晶「アベレージは悪くない」
2019/04/14 10:18

MotoGP第3戦アメリカズGPの予選で15番グリッドとなった中上貴晶。セッティング面で苦戦が続いているようだが、アベレージは悪くないとも話している。

 MotoGP第3戦アメリカズGPの2日目は、午前セッションのFP3が悪天候の影響でキャンセルされ、予選組分けは初日のタイムによって行われる事となった。

 日本の中上貴晶(LCRホンダ)はQ1からの出走となったが5番手に終わり、Q2進出とはならなかった。今シーズン始めてQ2進出を逃した格好だ。

 中上は走行時間が短くなったことでセッティングの改善作業が上手く行かなかったと語っている。一方で同じホンダ勢に目を向けると、マルク・マルケスがポールポジション、チームメイトのカル・クラッチローが3番手フロントロウを獲得するなど速さを発揮している。

「今日は昨日の課題を解消するためにセッティングを変えて走行しましたが、走行時間が短すぎて、ポジティブな部分は見いだせませんでした。確かに、強い風の影響もあり、昨日のフリー走行との比較は難しい状況でした」と、中上は苦戦について話している。

「しかし、マルクとカルが、僕が苦戦しているセクター1でとても速く、どういう風に走っているのかということをデータで知ることができました。今日は彼らのデータをしっかり検証して、明日の決勝に備えたいです」

 ここまで開幕戦は9位、第2戦は7位と着実に結果を残してきているだけに、アメリカズGPに向けても期待が高まる。中上自身もアベレージは悪くないと語っている。

「とにかく、今大会は決勝に向けて走行時間が短かったので、自分の走りを活かすところまでいけませんでした。明日は高いアベレージで走ることが要求されます」

「グリッドは15番手ですが、アベレージは悪くないので、いいスタートを切って、上位を目指したいです。明日の決勝は今日ほど風は強くないと思いますし、気持ちを切り換えて、決勝に挑みます」

 なお、決勝レースは日本時間4月15日(月)午前4時にスタートする予定だ。

→MotoGP第3戦アメリカズGP 決勝グリッド一覧

次の記事
ホンダ、またもやチェーン切れが発生。ガレージまでダッシュしたロレンソ「調査が必要」

前の記事

ホンダ、またもやチェーン切れが発生。ガレージまでダッシュしたロレンソ「調査が必要」

次の記事

Moto3アメリカズGP決勝:鈴木竜生、トップ快走中にまさかの転倒。カネットが今季初優勝

Moto3アメリカズGP決勝:鈴木竜生、トップ快走中にまさかの転倒。カネットが今季初優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第3戦アメリカGP
サブイベント Q1
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
まずは最新ニュースを読む