MotoGPアメリカズGP決勝:マルケス、首位走行中にまさかの転倒リタイア。スズキのリンスが初優勝! 

シェア
コメント
MotoGPアメリカズGP決勝:マルケス、首位走行中にまさかの転倒リタイア。スズキのリンスが初優勝! 
執筆:
2019/04/14 20:13

MotoGP第3戦アメリカズGPの決勝レースが行われ、スズキのアレックス・リンスが最高峰クラス初優勝を遂げた。マルク・マルケスは首位を快走していたが、惜しくも転倒リタイアとなった。

 MotoGP第3戦アメリカズGPの決勝レースが行われ、スズキのアレックス・リンスが最高峰クラス初優勝を飾った。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は先頭走行中に転倒しリタイアとなった。

 アメリカズGPの舞台となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、マルケスが6年連続で優勝を飾っているサーキット。今戦もマルケスが速さを見せ、7年連続となるポールポジションを獲得した。

 決勝レースは気温19度、路面温度38度、快晴のコンディションでスタート。なおフロントロウのマルケス、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)の3名は前後ともにミディアムタイヤをチョイスしている。アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)も同様のタイヤチョイスだ。

 レースがスタートすると、ポールポジションのマルケスがホールショットを奪取。ロッシ、クラッチロー、ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)、アレックス・リンス(スズキ)と順当に上位グリッドスタートのライダーが並ぶ。中上貴晶(LCRホンダ)はスタートを失敗し、19番手までポジションを落としてしまう。そして13番手スタートのドヴィツィオーゾが6番手までジャンプアップして前を追いかける。

 上位3台が抜け出す格好となり、中でもマルケスは1周目を終えて2番手のロッシに0.7秒のギャップを築く。後方ではターン14でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が転倒してしまう場面も見られた。

 隊列が縦に長く伸びていく中、マルケスはじわりとギャップを広げる。2番手争いはクラッチローがロッシのすぐ後ろ、テール・トゥ・ノーズの距離まで近づいて機会を伺う。

 そして、レースディレクションがマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、ジョアン・ミル(スズキ)に対しジャンプスタートという判定を下し、ライドスルーペナルティを科した。

 マルケスは単独走行を続け、4周目にして1.8秒までギャップを広げた。2番手争いの集団はミラーとリンスが追い付いた事で4台の集団となる。

 5周目、ロッシの後ろを走っていたクラッチローがターン11で転倒。好調な走りを示していたが、惜しくもリタイアとなった。そしてビニャーレスはライドスルーペナルティを勘違いをしていたのか、ロングラップペナルティのコースを走行してしまう。 

 2番手争いはロッシ、ミラー、リンスが等間隔で隊列走行をする場面が続く。その間にもマルケスはギャップを広げ、8周を消化した時点で差は約4秒となった。

 9周目、なんとマルケスが首位走行中にターン12でフロントを滑らせ転倒してしまう! なんとか再始動を試みるマルケスだが、エンジンは掛からず……マルケスはここでリタイアとなった。

 マルケスの転倒で、順位はロッシ、リンス、ミラーという並びに。すると、リンスが前を走るロッシに追いすがり、徐々にギャップを縮め始める。

 ここでホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)が12周目のターン12でマシンを止めリタイア。レプソル・ホンダはふたりのライダーが両者ともリタイアという苦い結果に終わってしまった。

 残り8周、トップのロッシとリンスの差はごく僅か。テール・トゥ・ノーズの距離まで縮まる。しかし、リンスはなかなかオーバーテイクを仕掛けないまま周回が進む。

 残り4周、リンスがついにオーバーテイクを仕掛け首位に浮上する。ロッシがすかさずヘアピンで抜き返すが、クロスラインでリンスが抑える。

 リンスとロッシのギャップは0.6秒。ロッシはなかなかリンスとのギャップを縮められないまま、レースは最終盤を迎えた。

 ラストラップはリンスがロッシに0.6秒のギャップを保ったまま突入。最終コーナーまで諦めず、追いすがるロッシ……しかしこれを突き放し、アレックス・リンスがMotoGP初優勝を飾った。

 2位は惜しくもリンスに敗れたバレンティーノ・ロッシ。3位にはミラーが入った。そしてドヴィツィオーゾが予選順位から大幅に巻き返す意地を見せ4位フィニッシュとなった。

 リンスはレース後に「本当に嬉しい。言葉が出ないよ。日本のスズキは良いマシンを作ってくれた。ロッシに勝てたのは本当に嬉しいよ。みんなありがとう!」とコメントしている。

 スタートで後方に沈んだ中上貴晶だが、最終的に10位までポジションを上げポイントを獲得している。

 マルケスの転倒もあり、ランキングはドヴィツィオーゾがトップに浮上。優勝したリンスは一気にランキング3位までポジションを上げる結果となった。

→【リザルト】MotoGP第3戦アメリカズGP 決勝レース結果

次の記事
Moto2アメリカズGP決勝:MotoGP再昇格への第一歩……ルティ独走優勝

前の記事

Moto2アメリカズGP決勝:MotoGP再昇格への第一歩……ルティ独走優勝

次の記事

「リンスが僕より速かった」……優勝を逃したロッシ、2位表彰台に悔しさ

「リンスが僕より速かった」……優勝を逃したロッシ、2位表彰台に悔しさ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第3戦アメリカGP
サブイベント Race
執筆者 永安陽介
まずは最新ニュースを読む