MotoGP、2023年の暫定カレンダーを公表。全21戦の史上最長に。日本GPは10月1日決勝

MotoGPは2023年シーズンの暫定カレンダーを公開。来シーズンは全21戦で争われることになった。

MotoGP、2023年の暫定カレンダーを公表。全21戦の史上最長に。日本GPは10月1日決勝
Listen to this article

 9月30日、MotoGPは2023年シーズンの暫定カレンダーを発表した。

 発表された暫定カレンダーによると、2023年シーズンは全21戦で行なわれる。新規開催地としては、ここ数日で発表されたカザフスタン、そしてインドが組み込まれた。

 昨年からの変更点としてはアラゴンGPが外れており、スペイン国内でのレースが全3レースとなっている点が挙げられる。また、昨年開催が延期となったフィンランドGPは、2023年も復活しない見込みだ。

 開幕戦は既報のとおり、近年定番となっていたカタールではなく、ポルトガルGP(3月26日決勝)となった。これはカタールGPの舞台となるロサイル・インターナショナル・サーキットで改修が行なわれるためだ。その結果、カタールGPはシーズン最終盤の第20戦として行なわれることになった。

 そういった点を除くと、全体的なシーズンの流れは2022年から変わっていない。開幕戦後はアルゼンチン、アメリカと南北アメリカ大陸へ向かい、その後はヨーロッパラウンドが続く形だ。なお夏休み前最後のレースが、新規開催のカザフスタンGPとなっている。

 サマーブレイク後、ヨーロッパラウンドを終えるとMotoGPはアジアパシフィックラウンドへ突入。日本GPはインドGPとの連戦で、9月29日~10月1日にかけて行なわれる予定だ。

 なお最終戦は11月26日に、おなじみのバレンシアで行なわれる。

 2023年は全21戦で争われるが、MotoGPクラスはスプリントレースが導入されるため、レース数は全42レースということになる。この新たな試みが成功するかどうかも、興味深いシーズンとなるだろう。

2023 MotoGP 暫定カレンダー(決勝日)
3月26日 ポルトガルGP
4月2日 アルゼンチンGP
4月16日 アメリカズGP
4月30日 スペインGP
5月14日 フランスGP
6月11日 イタリアGP
6月18日 ドイツGP
6月25日 オランダGP
7月9日 カザフスタンGP*
8月6日 イギリスGP
8月20日 オーストリアGP
9月3日 カタルーニャGP
9月10日 サンマリノGP
9月24日 インドGP*
10月1日 日本GP
10月15日 インドネシアGP
10月22日 オーストラリアGP
10月29日 タイGP
11月12日 マレーシアGP
11月19日 カタールGP(ナイトレース)
11月26日 バレンシアGP

*ホモロゲーションが必要

 
Read Also:

シェア
コメント
予報ハズレ晴れのタイ初日、ザルコ最速でドゥカティ勢が上位に。長島哲太は22番手|MotoGPタイFP2
前の記事

予報ハズレ晴れのタイ初日、ザルコ最速でドゥカティ勢が上位に。長島哲太は22番手|MotoGPタイFP2

次の記事

クアルタラロ、タイGP初日5番手も「フィーリングが良くない」ドゥカティ勢相手に抵抗できるか?

クアルタラロ、タイGP初日5番手も「フィーリングが良くない」ドゥカティ勢相手に抵抗できるか?