MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
9 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
15 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
16 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
23 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
37 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
44 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

中上貴晶「予選10番手には“ガッカリ”」レースに向けた準備は万端か

シェア
コメント
中上貴晶「予選10番手には“ガッカリ”」レースに向けた準備は万端か

MotoGP第5戦オーストリアGPの予選を、中上貴晶は10番手で終えた。彼はこのポジションには満足していないものの、レースに向けての準備はできていると語った。

 MotoGP第5戦オーストリアGPで、LCRホンダの中上貴晶は予選Q2に直接進出すると、トップから0.422秒差の10番手タイムを記録した。

 中上はこの結果について満足できるポジションでは無いとコメント。ただ決勝レースに向けての準備は上手く進められたと語っている。

「10番手というのは、良い予選ではないです。2列目までを獲得することを期待していたんですが、10番手に落ちてしまいました。ですから自分のパフォーマンスにはガッカリしています」

 中上はそうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「ただ、レースはまた違った話です。僕らはFP4でレースペースの面の作業を多くしてきました。そこでレースに向けて重要な情報を得ることができました」

「既にレースで使うタイヤは決めています。それからこのトラックは燃料消費が厳しいですけど、それもうまく管理できています」

「予選は満足できないものでしたが、レースで良いポジションを争う準備はできています。10番手からの戦いは厳しいものになりますが、先頭集団を目指してベストを尽くして戦います」

 また中上は予選後に行なわれたインタビューの中で、レプソル・ホンダが試しているスタート改善を狙うホールショットデバイスが、自身のマシンには装着されていないと認めた。

 多くのメーカーが導入し始めているホールショットデバイス。ただ中上は今回のレースで、その装備の有無による大きな差はないだろうと考えている。

「僕はホールショットデバイスについての情報は持っていないんですが、もちろん他チームのようにそれがあることがスタートに向けてベストであるとは思います」

「それでターン1まで何秒速くなるのか、正確な所もわかりませんが、ここではすごく大きな違いにはならないのではないかとも思っています」

「ターン1までは2速へ上げるとすぐにブレーキングへ入るので、4速まで上げるようなことはありません。なのでここではホールショットデバイスを持っていないことは大きな問題になるとは思っていません」

 

Read Also:

予選好調ヤマハ勢、エンジンはフルパワー? 回転数制限は無しとビニャーレス

前の記事

予選好調ヤマハ勢、エンジンはフルパワー? 回転数制限は無しとビニャーレス

次の記事

ドヴィツィオーゾ離脱を受け、王者ケーシー・ストーナーがドゥカティを批判

ドヴィツィオーゾ離脱を受け、王者ケーシー・ストーナーがドゥカティを批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストリアGP