MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPオーストリア予選:マルケスがレコード更新の爆速ポール! 中上貴晶6番手

シェア
コメント
MotoGPオーストリア予選:マルケスがレコード更新の爆速ポール! 中上貴晶6番手
執筆:
2019/08/10 14:18

MotoGP第11戦オーストリアGPの予選が行われ、マルク・マルケスがポールポジションを獲得した。中上貴晶は6番手に入った。

 MotoGP第11戦オーストリアGPの予選が行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがレコードタイムを更新する走りでポールポジションを獲得した。

 好天に恵まれたレッドブルリンク。MotoGPクラスの予選が始まるころには気温は32℃、路面温度49℃とかなり暑いコンディションとなった。

Q1:クラッチロー、意地のQ1突破

 セッションがスタートすると、Q1スタートとなってしまったカル・クラッチロー(LCRホンダ)は、他のライダーから少し遅れてのコースインで予選に挑んだ。

 序盤はKTM勢が速さを見せ、ミゲル・オリベイラ(テック3KTM)が1分24秒830をマークしてトップに付けた。ただ、その直後にクラッチローが1分24秒389と大幅にタイムを更新。トップが入れ替わった。

 セッション7分が経過した頃、ルーキーのフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)が1分24秒261と、クラッチローを超えるタイムを記録し、Q1突破圏内につけた。クラッチローも自己ベストを更新する走りでラップをまとめたものの、1分24秒298とバニャイヤのタイムにわずかに及ばず、2番手からポジションは上げることはできなかった。最終コーナーでバランスを崩したことがタイムに影響したようだ。

 各車がタイヤを変えて臨んだ2度目のアタックでは、ティト・ラバト(アビンティア)が自己ベストを更新する走りを見せたものの、2番手のクラッチローにはわずかに届かず3番手に留まった。

 チェッカーフラッグが振られた後の最後のアタックでは、クラッチローがホンダの最新仕様バイクを走らせる意地を見せた。1分23秒829をマークして一気にトップにポジションを上げ、Q2進出。さらにバニャイヤも1分23秒928までタイムを縮めて2番手につけ、Q2に駒を進めた。

Q2:マルケスがレコードタイム更新のスーパーラップ

 続くQ2のコンディションは、気温33℃、路面温度は路面温度は51℃と、さらに暑さが増した。

 各ライダーが最初のアタックに入ると、まずはマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が1分23秒986でトップに。中上貴晶(LCRホンダ)は1分24秒387で7番手だ。

 そして、少し遅れてコースインしたマルク・マルケスは1分24秒020をマークし、2番手に入った。

 ビニャーレスは更にタイムを削り、1分23秒628とすると、チームメイトのバレンティーノ・ロッシが1分23秒899で2番手に続いた。だがファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)も負けじと1分23秒681をマークし、ヤマハ勢が熾烈なタイムアタックを繰り広げた。

 だがそんな姿を尻目に、マルケスは1分23秒359をマーク。差を見せつけるタイムでトップを奪取していった。中上は1分23秒905までタイムを縮めるが、8番手に留まった。

 セッション半分を消化する頃、各ライダーはタイヤ交換を実施。2度目のアタックへと備えた。残り3分を切ると、早めに2度目のアタックへ入っていたアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が1分23秒638までタイムを縮めて3番手に浮上した。

 タイムシートのトップに立つマルケスだが、気を緩めることはなく、1分23秒027というタイムを叩き出してコースレコードを更新、トップの座を更に盤石とした。

 ドヴィツィオーゾは連続アタックで1分23秒515を記録。2番手に入ったが、マルケスには届かなかった。

 セッションの残り時間がゼロになり、チェッカーフラッグが振られるが、中上は最後の計測ラップ1分23秒669をマークする走りで6番手に食い込んだ。

 結局それ以上タイムを更新してくるライダーは現れず、予選は終了。マルケスが2番手に0.4秒差をつけてポールポジションを獲得した。

 2番手はクアルタラロ。3番手にはドヴィツィオーゾが入った。なおチームメイトのダニーロ・ペトルッチはセッション終盤にターン4で転倒を喫し、タイム更新はならず12番手に留まった。

 中上は最終的に6番手となり、MotoGPクラスでの予選ベストリザルトを更新。初のセカンドロウ獲得を果たした。

【リザルト】MotoGP第11戦オーストリアGP 予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差
1 Spain マルク マルケス 9 1'23.027    
2 France ファビオ クアルタラロ 9 1'23.461 0.434 0.434
3 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 10 1'23.515 0.488 0.054
4 Spain マーベリック ビニャーレス 10 1'23.523 0.496 0.008
5 Italy フランチェスコ バニャイヤ 8 1'23.652 0.625 0.129
6 Japan 中上 貴晶 9 1'23.669 0.642 0.017
次の記事
Moto2オーストリア予選:長島哲太、キャリア初のポールポジション獲得!

前の記事

Moto2オーストリア予選:長島哲太、キャリア初のポールポジション獲得!

次の記事

”ドゥカティ出戻り”が噂されたロレンソ、レプソル・ホンダ残留へ

”ドゥカティ出戻り”が噂されたロレンソ、レプソル・ホンダ残留へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第11戦オーストリアGP
執筆者 永安陽介