MotoGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
25 days
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
39 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
53 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
60 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
81 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
95 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
123 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
130 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
144 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
158 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
173 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
180 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
193 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
201 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
207 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
222 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
229 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
236 days

MotoGPカタルニア予選:クアルタラロが今季2度目のPP獲得。中上貴晶はQ1敗退

シェア
コメント
MotoGPカタルニア予選:クアルタラロが今季2度目のPP獲得。中上貴晶はQ1敗退
執筆:
2019/06/15 14:22

MotoGP第7戦カタルニアGPの予選が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得した。

 MotoGP第7戦カタルニアGPの予選が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロが今シーズン2度目のポールポジションを獲得した。

 今戦の予選組分けでは、ファクトリーライダーはほぼ予選Q2への進出を決めているため、Q1での注目は日本の中上貴晶(LCRホンダ)がQ2に進出できるかどうかだった。

Q1:中上貴晶、Q2進出ならず。

 Q1セッションは気温26℃、路面温度49℃のコンディションでスタート時刻を迎えた。

 セッションの開始から間を開けずに各ライダーがコースイン。フロントにミディアム、リヤにソフトを選択するライダーが大半を占めているような状況だ。

 ライダーらは次々とタイム計測に入り、まずジャック・ミラー(プラマック)が1分40秒587でトップタイムとする。そして中上が1分40秒935で2番手につけるが、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハ)が1分40秒589で割って入ったことでQ2進出圏外に落ちてしまった。

 残り10分、ミラーがターン5で転倒。ダメージは少ないようで自走でピットへ戻った。

 アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が1分40秒510でトップへ浮上するが、走行を続けていた中上が1分40秒372までタイムを縮め、トップを奪取した。そしてルーキーのフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)もラップをまとめ、1分40秒428で2番手につけた。

 各ライダーがタイヤを交換して再度の出走に備える中、転倒により早期にピットへ戻っていたミラーが入れ替わりでコースインした。

 残り5分、多くのライダーがコースインし、2度目のアタックへ入る。しかし、アプリリアのアンドレア・イアンノーネのマシンはピット出口でエンジンが止まってしまうトラブルに見舞われた。

 セッションは残り3分に入り、モルビデリが1分39秒727で中上からトップタイムを奪うと、更にバニャイヤも1分40秒249で2番手とした。

 残り1分、ミラー、中上、エスパルガロといったライダーらが各セクターをベストタイムで回って来たが……そのなかでジョアン・ミル(スズキ)が1分40秒012で2番手に食い込んだ。中上は5番手に留まり、勝負はチェッカー後のラストアタックに委ねられた。

 ラストアタックで中上は自己ベストを更新したもののポジションアップには至らず、6番手に留まった。

 最終的にQ2進出となったのはモルビデリ、ミルの2名となった。

Q2:ファビオ・クアルタラロ、2度目のポールポジション

 15分のQ2セッションはまず、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、そしてマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が先頭でコースイン。

 ビニャーレスは最初のアタックで1分40秒007を記録し、続くマルケスは1分40秒271。これらがひとまずのターゲットタイムとなった。

 後方からはタイムを更新するライダーが続き、アレックス・リンス(スズキ)が2番手、Q1から上がってきたモルビデリが3番手につけた。

 そして続けてアタックをしていたマルケスが1分39秒898でトップに……と思いきや、ファビオ・クアルタラロが1分39秒758をマークし首位に浮上した。しかしそれを更に上回ったのがチームメイトのモルビデリ。1分39秒711で首位を奪った。

 残り8分、3番手タイムを記録した直後のペトルッチがターン5でクラッシュ。自走でピットへ戻った。ここで一旦ピットに各ライダーも戻り、残り5分になるとタイヤを交換して再度アタックへ入っていく。また転倒したペトルッチも残り4分頃に無事コースへ復帰した。

 2度目の出走ではビニャーレスとリンスが連なり、各セクターを最速タイムで回るが……残念ながらリンスがターン10で転倒を喫してしまった。一方でビニャーレスは1分39秒710を記録し、トップに浮上。だが、クアルタラロが1分39秒484で更にそれを上回った。

 マルケスはクアルタラロに迫る走りを見せるが、1分39秒499で僅かに及ばず2番手となった。

 そしてチェッカーが振られラストアタックとなるが、フロントロウに食い込むライダーは現れず、そのままセッションが終了となった。

 最終的にポールポジションを獲得したのはクアルタラロ。スペインGPに続く2度目のポールポジション獲得となった。

 2番手はポイントリーダーのマルケス。転倒スレスレな場面も見られたが実力を見せつけフロントロウを勝ち取った。3番手にはビニャーレスが入り、今季初優勝に向け好グリッドを手にした。

MotoGP第7戦カタルニアGP 予選結果

順位 ライダー タイム 前車との差
1 France ファビオ クアルタラロ 1'39.484    
2 Spain マルク マルケス 1'39.499 0.015 0.015
3 Spain マーベリック ビニャーレス 1'39.710 0.226 0.211
4 Italy フランコ モルビデリ 1'39.711 0.227 0.001
5 Italy バレンティーノ ロッシ 1'39.753 0.269 0.042
次の記事
Moto2カタルニア予選:フェルナンデスが初ポールポジション獲得。長島哲太は苦戦16番手

前の記事

Moto2カタルニア予選:フェルナンデスが初ポールポジション獲得。長島哲太は苦戦16番手

次の記事

「予想以上に厳しい1日だった」中上貴晶、Q1敗退もレースに向け準備を進める

「予想以上に厳しい1日だった」中上貴晶、Q1敗退もレースに向け準備を進める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第7戦カタルニアGP
サブイベント Q2
執筆者 永安陽介