MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
28 days

MotoGPチェコ予選: マルケス、雨中の圧巻アタックで2.5秒差ポール。中上は13番手

シェア
コメント
MotoGPチェコ予選: マルケス、雨中の圧巻アタックで2.5秒差ポール。中上は13番手
執筆:
2019/08/03 13:29

MotoGP第10戦チェコGPの予選が行われ、マルク・マルケスが今季5度目のポールポジションを獲得した。中上貴晶はQ1突破はならず13番手となった。

 MotoGP第10戦チェコGPの予選が行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが今季5度目のポールポジションを獲得した。

 後半戦の始まりとなるチェコGP。走行2日目が雨だったこともあり、中上貴晶(LCRホンダ)はQ1からのスタートになった。

■Q1:KTMファクトリーが揃ってQ2行き。中上は惜しくも突破ならず

 Moto3予選の頃にはかなり雨が降り注いでいたが、MotoGPのQ1が開始する頃には日差しが差し込む状況となっており、一部の走行ラインが乾き始めているという、難しいコンディションのもとでセッションスタート時刻となった。

 各ライダーはレインタイヤを傷めないよう、路面が濡れた部分を通りつつアタックを開始。一通りのタイム計測が終わった段階ではヨハン・ザルコ(KTM)が2分5秒861でトップ、そこに中上が続いた。

 その後ポル・エスパルガロ(KTM)が2分5秒344をマークしトップタイムを更新。その間にもコースコンディションは刻一刻と変化していった。

 残り5分頃には多くのライダーがピットへ戻り、タイヤを交換。スリックでギャンブルに出るライダーはアンドレア・イアンノーネ(アプリリア)ただひとりだった。

 アタックに入るとフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)が2分5秒481を記録し2番手に割って入ったが、ザルコが直後に2分5秒481をマークして2番手を取り戻した。

 残り時間が少なくなる中、ワイルドカード参戦のシルバン・ギュントーリ(スズキ)がタイムを更新してくるが、4番手に留まった。

 残り1分を切ったタイミングで、中上が2分5秒265をマークし一気にトップへ躍り出る。が、すぐ後ろのポル・エスパルガロが2分5秒053を記録して中上を上回った。

 チェッカーフラッグ後のアタックではザルコが2分5秒033と、チームメイトを上回るタイムを記録しトップに浮上。KTMが揃ってQ2進出を果たした。

 中上は最後にタイムを上回られてしまったことでQ2進出を逃し、13番グリッドからの決勝スタートとなった。

■Q2:マルケスが雨の降るコンディションを制しPP獲得

 続くQ2でもライダーはレインタイヤで出走。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)といった面々が先頭でコースインした。

 コースコンディションはQ1に引き続き、ラインの一部が乾いているという複雑な状況だが、若干日差しが弱まった。

 最初のアタックではザルコが2分5秒351をマークしてトップに立ち、2番手にはポル・エスパルガロとQ1突破の2名が名を連ねた。

 残り9分頃、ターン7で速度の乗っていないマルケスのインをアレックス・リンス(スズキ)が半ば強引に入り込むと、その後マルケスがやり返す事態に。ピットレーンへ戻るタイミングで、マルケスはリンスを手で直接押すなど、小競り合いが見られた。

 その後マルケス、リンスらがスリックタイヤでコースインすると、その他の多くのライダーも同様にスリックタイヤで2度目のアタックに入った。

 残り3分、レインタイヤを選択していたアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が2分5秒590をマークし2番手に浮上。その裏でマルケスがアタックに入ると、後半セクターで雨が落ち始めてしまった。だがマルケスはアタックを完遂。2分4秒165をマークして一気にトップへと躍り出た。その後ろではジャック・ミラー(プラマック)もスリックタイヤでのアタックを成功させ、2番手に割って入った。

 ここでチェッカーフラッグが振られるが、マルケスは アタックを続行し、2分2秒753と更にタイムを更新してみせた。なお、ミラーもチェッカー後にアタックを続行していたが、最終コーナーで転倒を喫してしまいタイム更新はならなかった。

 最終的にポールポジションを獲得したのはマルケス。難しいコンディションを見事制し今季5度目のポールポジション獲得となった。

 2番手はミラー。終盤に転倒こそあったものの、スリックタイヤでのアタックを成功させフロントロウに入った

 3番手にはザルコが入った。ザルコは今季KTMに移籍して以降のベストグリッドが14番手と振るわなかったが、それを吹き飛ばす嬉しいフロントロウ獲得と言えそうだ。

【リザルト】MotoGP第10戦チェコGP 予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差
1 Spain マルク マルケス 7 2'02.753    
2 Australia ジャック ミラー 7 2'05.277 2.524 2.524
3 France ヨハン ザルコ 6 2'05.351 2.598 0.074
4 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 6 2'05.590 2.837 0.239
5 Spain ポル エスパルガロ 6 2'05.710 2.957 0.120
6 Spain アレックス リンス 6 2'06.172 3.419 0.462
次の記事
Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ

前の記事

Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ

次の記事

Moto2チェコ予選:マルケスが“兄マルク”を彷彿とさせる走りでPP獲得! 長島17番手

Moto2チェコ予選:マルケスが“兄マルク”を彷彿とさせる走りでPP獲得! 長島17番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第10戦チェコGP
執筆者 永安陽介