MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days

MotoGPチェコGP決勝:マルケス、独走優勝でランク首位を盤石に。中上は9位入賞

シェア
コメント
MotoGPチェコGP決勝:マルケス、独走優勝でランク首位を盤石に。中上は9位入賞
執筆:
2019/08/04 14:02

MotoGP第10戦チェコGPの決勝レースが行われ、マルク・マルケスがポール・トゥ・ウィンを果たした。

 MotoGP第10戦チェコGPの決勝レースが行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがポール・トゥ・ウィンを果たした。

 この日は朝から晴天が続いていたが、決勝レース直前ににわか雨に降られてしまいコースはウエット状態に。当初はウエットレースが宣言されていたが、サイティングラップを行う頃には晴れ間がさしており、コースは一部が乾いていった。

 結局そういった状況も考慮され、レース開始はディレイに。セーフティーカーがコースコンディションのチェックを続けた。そして現地時間14時40分に1周減算された全20周で行われる事がアナウンスされた。

 そして始まったレースはマルケスがホールショットを奪い、良いスタートを決めた4番グリッドスタートのアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が2番手に浮上。そこにジャック・ミラー(プラマック)、アレックス・リンス(スズキ)が続いた。その後ろではジョアン・ミル(スズキ)とフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハ)の2名がターン4でクラッシュし、リタイアとなった。

 中上貴晶(LCRホンダ)はスタートでポジションを上げ、チームメイトのカル・クラッチローの後ろ9番手につけた。

 2周をこなした頃には先頭の4台がトップグループを形成し、5番手のポル・エスパルガロ(KTM)との間に1秒の差がついた。そしてリンスが3周目にミラーをかわして3番手に浮上した。

 また先頭集団の中でもマルケスが若干だがギャップを広げつつあり、3周をこなした段階でドビツィオーゾに対して約0.4秒ほどの差となった。

 5周目にはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がエスパルガロをオーバーテイクして5番手に浮上。さらに、エスパルガロはクラッチローにもインを突かれてしまい、ポジションを7番手に下げた。一方トップ集団ではマルケスとドビツィオーゾらのギャップがなくなり、再び4台の集団となった。

 8周目、クラッチローがロッシをオーバーテイクして、5番手に浮上した。ロッシはクラッチローに食らいついていくことができず、そのラップで1秒近い差をつけられてしまった。

 レースが折返しとなる10周目を終える頃には、マルケスがじわじわとギャップ広げ、0.5秒ほどの差がついた。

 12周目、マルケスはターン10で一瞬バランスを崩し、左足がステップから外れる場面があったが、それでもギャップは縮まることはなく、逆に差を広げて行った。後続3台のペースが1分58秒台に落ちたのに対し、マルケスは1分57秒台を維持。残り6周でそのギャップは2秒以上にまで広がり、独走状態となった。

 残り5周となると、マルケスのペースも1分58秒台にまで落ちたが、ドヴィツィオーゾらのタイムの落ち幅の方が大きいことでギャップはなかなか縮まらなかった。

 残り4周、ターン3で中上がエスパルガロをかわして9番手に浮上。しかしそのふたつ後方のビニャーレスが良いペースで迫った。

 3番手のリンスだが、残り3周の段階でミラーに捉えられてしまい、3番手争いに発展。残り2周でミラーがターン7でリンスを追い抜いき、3番手に立った。リンスはなんとかそれを追いかけるが、バランスを崩しかけるなど、限界が近い様子だ。

 そしてレースはラストラップに突入。後続に3秒の差をつけ、後方を振り返る余裕すら見せたマルケスは、最終コーナーを立ち上がると、マシン上で“大の字”に立ち上がってチェッカーを受け、ポール・トゥ・ウィンを果たした。なお、今回の勝利でマルケスは最高峰クラス50勝を達成した。

 先立って行われたMoto2クラスでは弟のアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)がポール・トゥ・ウィンを果たしており、第9戦ドイツGPから2戦連続で兄弟でポール・トゥ・ウィンとなった。

 2位はドヴィツィオーゾ。マルケスとのポイント差が広がってしまったが、損害は最小限に収めた形だ。3位には終盤に追い上げを見せたミラーが入った。

 中上は9位シングルフィニッシュ。負傷からの復帰戦をまずまずの位置で終えた。

【リザルト】MotoGP第10戦チェコGP 決勝レース

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Spain マルク マルケス 20       25
2 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 20 2.452     20
3 Australia ジャック ミラー 20 3.497     16
4 Spain アレックス リンス 20 4.858     13
5 United Kingdom カル クラッチロー 20 6.007     11
6 Italy バレンティーノ ロッシ 20 9.083     10
次の記事
Moto2チェコ決勝:マルケスが独走ポール・トゥ・ウィン。ランク首位を固める

前の記事

Moto2チェコ決勝:マルケスが独走ポール・トゥ・ウィン。ランク首位を固める

次の記事

「ヤマハ勢が心配だった」マルケス、ライバルを警戒も“杞憂”に終わる

「ヤマハ勢が心配だった」マルケス、ライバルを警戒も“杞憂”に終わる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第10戦チェコGP
サブイベント Race
執筆者 永安陽介