MotoGPフランス初日:マルケス&ドヴィツィオーゾがトップ2を分け合う

シェア
コメント
MotoGPフランス初日:マルケス&ドヴィツィオーゾがトップ2を分け合う
2018/05/19 1:13

MotoGPフランスGPの初日セッションが行われ、FP1ではマルケスが、FP2ではドヴィツィオーゾがトップタイムを記録した。

 MotoGPフランスGPの初日フリー走行1回目と2回目が行われ、FP1ではレプソル・ホンダのマルク・マルケスが、FP2ではドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾがそれぞれトップタイムを記録した。

 ル・マンで始まったMotoGPのフランスGP。晴天に恵まれたFP1では、マルケスが0.025秒差でドヴィツィオーゾを抑え、トップタイムを記録した。

 このマルケスのベストタイムは、ヘレスでテストした新しいフェアリングを装着して記録したもの。セッション終盤、このフェアリングを装備してアタックしたマルケスはペースを上げ、ドヴィツィオーゾを下した。

 3番手になったのはヤマハのマーベリック・ビニャーレス、4番手にはLCRホンダのカル・クラッチローがつけ、5番手のヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)を0.021秒抑えた。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は6番手だった。

 中上貴晶(LCRホンダ)は18番手だった。

 午後に行われたフリー走行2回目では、ドヴィツィオーゾが首位、マルケスが2番手と1-2が入れ替わった格好。昨年タイトルを争ったふたりが、ここでも速さを見せている。

 FP2でのドヴィツィオーゾのタイムは、FP1でのマルケスの最速記録を約0.5秒更新するものだった。

 ロッシが3番手、ビニャーレスが4番手とヤマハのファクトリー勢が上位につけ、ホームグランプリを迎えたザルコは5番手となった。

 このセッションで中上は17番手となっている。

→MotoGPフランスGPフリー走行1回目結果

→MotoGPフランスGPフリー走行2回目結果

次の MotoGP ニュース
ドヴィツィオーゾ、ドゥカティと新たに2年契約を締結。僚友は未定

前の記事

ドヴィツィオーゾ、ドゥカティと新たに2年契約を締結。僚友は未定

次の記事

リンス、スズキと2年契約を締結「チームの持つ可能性を信じている」

リンス、スズキと2年契約を締結「チームの持つ可能性を信じている」