MotoGP日本FP3:ドヴィツィオーゾ最速。ロッシ土壇場でQ2進出を決める

シェア
コメント
MotoGP日本FP3:ドヴィツィオーゾ最速。ロッシ土壇場でQ2進出を決める
執筆: 田中健一
2018/10/20 2:55

MotoGP日本GPのフリー走行3回目が行われ、ドゥカティのドヴィツィオーゾがトップタイムを記録。ロッシが土壇場でタイムを上げ、Q2進出を決めた。

 MotoGP日本GP、最高峰クラスのフリー走行3回目が行われ、アンドレア・ドヴィツィオーゾがトップタイムを記録した。

 ようやく青空が到来したツインリンクもてぎ。この日のセッションはドライコンディションで始まった。それもあってか、セッション開始早々から多くのマシンがコースイン。積極的に周回を重ねていった。

 マルケスの勢いを止め、なんとかしてタイトル獲得に望みを繋ぎたいアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が、ここまでの最速タイム。初日FP1で記録した1分45秒358である。しかし各車ともまずはロングランに終始してか、ドヴィツィオーゾのタイムを上回るライダーはなかなか現れない。

 残り10分を切った頃から、各ライダーがタイムアタックを開始。予選Q1出走が免除される、3回のフリー走行合計でのトップ10入りを目指す。

 バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は一時10番手以下に押し出されていたが、残り5分というところでジャンプアップ。8番手とQ2進出圏内に入る。一方で11番手につけていたダニーロ・ペトルッチ(プラマック・ドゥカティ)は痛恨の転倒。Q1免除の可能性は潰えた。

 渾身のアタックを見せたのはカル・クラッチロー(LCRホンダ)だ。クラッチローは1分45秒134を記録してドヴィツィオーゾを上回り、首位に浮上してみせる。この間にロッシは、再びトップ10圏外に押し出されてしまった。

 得意のもてぎで好調のダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)も3番手に浮上。ただチームメイトのマルク・マルケスがこれを上回り、4番手に落ちた。

 最終ラップまで、各ライダーのアタックは続く。ここで速さを見せたのはドヴィツィオーゾ。ドヴィツィオーゾは1分45秒107を記録し、クラッチローからトップを奪い返す形となった。そしてロッシもアタックに成功。5番手に飛び込み、Q2進出をここで決めた。

 結局ドヴィツィオーゾ、クラッチロー、ヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)、マルケス、ロッシ、ペドロサ、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、アレックス・リンス(スズキ)、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)、ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)までがQ2進出。ワイルドカード参戦の中須賀克行(Yamalube Yamaha Factory Racing)が14番手、中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は16番手となった。

→MotoGP日本GPフリー走行3回目結果

次の記事
MotoGPコラム:タイトル王手のマルケス、ドヴィツィオーゾ攻略のヒントは?

前の記事

MotoGPコラム:タイトル王手のマルケス、ドヴィツィオーゾ攻略のヒントは?

次の記事

MotoGP日本GP予選:ドヴィツィオーゾ大激戦を制す。マルケス6位

MotoGP日本GP予選:ドヴィツィオーゾ大激戦を制す。マルケス6位
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 日本GP
サブイベント 土曜日 フリー走行3回目
執筆者 田中健一
記事タイプ フリー走行レポート