MotoGP日本FP2|最後の日本GP、ペドロサが首位。マルケスらは走らず

シェア
コメント
MotoGP日本FP2|最後の日本GP、ペドロサが首位。マルケスらは走らず
執筆: 田中健一
2018/10/19 7:24

MotoGP日本GPのフリー走行2回目が行われ、今年限りでのMotoGP引退を決めているダニ・ペドロサがトップタイムを記録した。

 MotoGP日本GPのフリー走行2回目が行われ、今年限りでのMotoGP引退を決めているダニ・ペドロサがトップタイムを記録した。

 直前に行われたMoto3クラスのフリー走行2回目は、ウエットから徐々にレコードラインが乾いていくというコンディションで行われた。しかしMotoGPクラスのFP2開始時になっても路面には水が残っていたようで、各車控えめの走り出し。セッション序盤はコースインを控えるマシンが多かった。走行を行ったマシンも、ウエットタイヤを履いた。

 そんな中、まずトップタイムを記録したのは、テック3・ヤマハのヨハン・ザルコ。ザルコのタイムは1分55秒500であり、FP1の最速よりも10秒以上遅いものだった。

 ザルコはその後、1分53秒729まで自身のタイムを更新している。

 各車がコース上に揃ったのは、セッション残り時間が10分を切ってから。まずはジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)が1分50秒921で首位に躍り出る。ミラーはその後もアタックを続け、1分49秒022までタイムを更新する。

 ダニーロ・ペトルッチ(プラマック・ドゥカティ)はチェッカーフラッグを受けながら1分48秒939を記録してミラーを上回る。しかし、そのタイムを更新したのは今回が最後の日本GPとなる、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)。ペドロサは1分48秒136を記録した。

 結局このペドロサがこのセッション最速。2番手にはアプリリアのスコット・レディングがつけた。中須賀克行(Yamalube Yamaha Factory Racing)は12番手だった。中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)はドライコンディションになってからはタイム計測をせず、18番手に終わっている。

 マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)やアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)らは、タイム計測を行わなかった。

→MotoGP日本GPフリー走行2回目結果

次の記事
ギュントーリ、スズキの2019年型エンジン&エアロで日本GP参戦

前の記事

ギュントーリ、スズキの2019年型エンジン&エアロで日本GP参戦

次の記事

MotoGPコラム:タイトル王手のマルケス、ドヴィツィオーゾ攻略のヒントは?

MotoGPコラム:タイトル王手のマルケス、ドヴィツィオーゾ攻略のヒントは?
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 日本GP
サブイベント 金曜日 フリー走行2回目
執筆者 田中健一
記事タイプ フリー走行レポート