MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

寒さでタイヤが機能しない……初日4番手ドヴィツィオーゾ、気温に苦しむ1日に

シェア
コメント
寒さでタイヤが機能しない……初日4番手ドヴィツィオーゾ、気温に苦しむ1日に
執筆:
2019/10/18 12:10

MotoGP日本GP初日を4番手で終えたアンドレア・ドヴィツィオーゾ。しかしトップ2のヤマハ勢に追いつくためにはまだセットアップを煮詰める必要があると話した。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、MotoGP日本GP初日を総合4番手タイムで終えた。しかしヤマハ勢との差を詰めるために、セッティングを煮詰める必要があると考えているようだ。

 ドヴィツィオーゾはここ数年、ツインリンクもてぎで優勝争いを演じているが、今シーズンもその調子は良い。FP1は8番手タイムだったが、午後のFP2では一時トップタイムを記録するシーンもあった。

「朝のスタートはかなり上手く行ったし、満足している」と、ドヴィツィオーゾはFP1から上手く進んでいたと口を開いた。

「ここでは最近のレースよりも競争力がある。(2位を獲得した)アラゴンでは状況に助けられた。ヤマハがタイヤ選択を誤ったんだと思うよ」

「ここでは僕らは初めから良いスピードがある。だけど今日、(ヤマハに比べて)0.6秒を失っているから、改善しなくちゃいけない」とドヴィツィオーゾは、ヤマハ勢との差を詰めることが重要だと語った。

 初日のツインリンクもてぎは冷涼なコンディションに包まれていたが、ドヴィツィオーゾによると気温が低いことで、ハードタイヤとミディアムタイヤを機能させることが難しかったという。

「ハードのリヤタイヤが機能しないので、使うのを止めたんだ。FP1ではユーズドのタイヤでさえ上手く行っていたのに、午後は上手く行かなかった。それでソフトタイヤで出ていった3人くらいがすぐに戻ってきただろう」

 19日(土)はウエットコンディションとなることが予想されているが、ドヴィツィオーゾは優勝を争うためにはドライコンディションで改善を進めることが必要と認識しているようだ。

「まだセッティングには(さらなる改善の)余地があると思う。だからそこに取り組みたい。そのためにも、(明日が)今日と同じようなドライセッションになることを願っている。それが勝利を争うために必要なんだ」

Read Also:

次の記事
ロレンソ、日本GP初日17番手も怪我後”最高の出来”。旧パッケージが奏功

前の記事

ロレンソ、日本GP初日17番手も怪我後”最高の出来”。旧パッケージが奏功

次の記事

「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
執筆者 永安陽介