MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

「トラクションを見つけ出した」好調のビニャーレス、コーナー脱出の改善がカギ

シェア
コメント
「トラクションを見つけ出した」好調のビニャーレス、コーナー脱出の改善がカギ
執筆:
2019/10/18 23:04

MotoGP日本GP初日を2番手で終えたビニャーレス。曰くトラクションを改善したことで、こうした好結果につながったという。

 MotoGP第16戦日GPの初日、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはFP1で首位、FP2で2番手と好調さをアピールした。

 日本GPの舞台となるツインリンクもてぎは、ストップ・アンド・ゴーのサーキットレイアウトであり、“モアパワー”のドゥカティが強さを発揮するタイプのサーキットと言える。しかしそのもてぎでヤマハ勢は、FP1で上位を独占すると、FP2でもトップを譲らなかった。

 初日を総合2番手タイムで終えたビニャーレスは、マシンからトラクションを上手く引き出せていることが好調さの理由だと話した。

「とてもいい形でバイクに乗れている。マシンからトラクションを引き出せているんだ。こうしたトラックでは、コーナーの脱出においてトラクションがとても大事だからね」と、ビニャーレスは語った。

「ただ、今も十分じゃない。レースでどうなるのかを見る必要がある」

 ビニャーレスは油断の無い姿勢を示したが、ライバルからはその差を警戒されている。近年もてぎで強さを発揮してきたアンドレア・ドヴィツィオーゾとドゥカティの組み合わせが、FP2トップタイムのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)から0.6秒も置き去りにされているためだ。

 また、今戦の開催スケジュールは一部変更を受けており、Moto3、Moto2、MotoGPの順でフリー走行が行なわれている。これは決勝レースと同じ順番だ。

「ひとつ良い点に、フリー走行がMoto2の後というところがある。レースと同じ状況になるからね」と、ビニャーレスはこの点をポジティブに受け止め、明日以降も改善に取り組んでいくと語った。

「金曜日としてはとてもポジティブだし、満足している。だけどこの後も改善に取り組んでいくよ」

Read Also:

次の記事
「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

前の記事

「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

次の記事

ロッシ、新型パーツ使用を中断。チームメイトに敗北続きが決め手に?

ロッシ、新型パーツ使用を中断。チームメイトに敗北続きが決め手に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
ドライバー マーベリック ビニャーレス 発売中
執筆者 永安陽介