ロレンソ、今季限りでのMotoGP引退を否定「あと2年は続けるつもり」

シェア
コメント
ロレンソ、今季限りでのMotoGP引退を否定「あと2年は続けるつもり」
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/06/01 7:13

来季の去就が注目されているホルヘ・ロレンソは、今季限りでのMotoGP引退を否定。あと2年は続けるつもりだと発言した。

Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Claudio Domenicali, Ducati CEO
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team,
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team

 ホルヘ・ロレンソは、ドゥカティとの袂を分かつ可能性がますます高まっている。

 ヤマハ在籍時に、3度にわたって最高峰クラスの王者に輝いたロレンソは、2017年からドゥカティに移籍。しかし昨年は、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾがタイトルを争う一方、ロレンソは未勝利に終わった。また今季もここまで、優勝はおろか表彰台も獲得できない苦しいシーズンを過ごしている。

 そのため、ロレンソは今季限りでチームを離脱するとの見方が強い。そして、サテライトチームであるプラマックのダニーロ・ペトルッチはドゥカティに対し、来季のドヴィツィオーゾのチームメイトに自分かジャック・ミラーを起用するべきだと、フランスGP終了後に提言するまでに至った。

 このペトルッチの発言は、ドゥカティのCEOであるクラウディオ・ドメニカリが、メディアイベントで”ドゥカティのロレンソに対する賭け”を悔やむコメントに端を発するものである。ドゥカティは、多額の契約金を支払って、ヤマハからロレンソを引き抜いた。しかしその効果は発揮されなかったと考えているようだ。

「ロレンソは素晴らしいライダーだ。しかし、我々のバイク(ドゥカティ)から、ベストを引き出すことに成功していない。このバイクは、素晴らしい強みがある一方で、いくつかの弱点も抱えているのだ」

 そうドメニカリは語った。

「残念なことに、彼も技術者たちも、彼の才能を最大限に活用することができなかった。このことには、悔いが残っている」

 今週末には、ムジェロ・サーキットで、イタリアGPが行われる。ロレンソは、サーキットで取材に応え、自身の経歴を強調しつつ、来季以降MotoGPで戦い続けていくための代替案について語った。

「我々は他のオプションも検討し始めている」

 そうロレンソは語った。

「ドメニカリの発言についてはコメントしない。ただひとつだけ、僕は偉大なライダーではないが、チャンピオン経験者だということは言っておく」

 ロレンソはまた、今季限りでMotoGPを引退するという噂については否定。今後も参戦し続けると主張した。

「僕はあと2年は続けるつもりだ。引退するつもりはない」

 そうロレンソは語った。

「良いバイクに乗ることができるだろう。僕が今言えるのはそれだけだ。モントメロ(6月中旬のカタルニアGP)に行けば、もっと多くの情報があるだろう」

次の MotoGP ニュース
イアンノーネ、2018年限りでのスズキ離脱が決定的に。本人が認める

前の記事

イアンノーネ、2018年限りでのスズキ離脱が決定的に。本人が認める

次の記事

スズキのリンス「チームを背負う覚悟はできている」と開発力にも自信

スズキのリンス「チームを背負う覚悟はできている」と開発力にも自信
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース