【MotoGP】Moto2のルティ、来季よりマルクVDSからMotoGP参戦決定

Moto2に参戦中のトーマス・ルティは、来年よりマルクVDSに加入し、MotoGP最高峰クラスに昇格する。

 Moto2に参戦中のトーマス・ルティ(CarXpert Interwetten)は、来年よりマルクVDSに加入し、MotoGP最高峰クラスに昇格することが発表された。

 Moto2クラス(2010年シーズンまでは250ccクラス)で11年間戦ってきたルティはこれまで10勝し、昨年はチャンピオンに輝いたヨハン・ザルコ(現テック3・ヤマハ)に次ぐ、年間2位を獲得した。さらに今季のランキングでも2番手に位置しており、来季チームメイトとなるフランコ・モルビデリ(Marc VDS Racing)を26ポイント差で追っている。

 今回の発表によって、すでにマルクVDSで最高峰クラス昇格が決まっているモルビデリとルティはチームメイトとなり、ジャック・ミラーとティト・ラバトのコンビを置き換えることになる。

 ミラーは来季、プラマック・ドゥカティへ移籍することがすでに報じられており、ラバトはアビンティア・ドゥカティに移るとみられている。

 これまでマルクVDSのシートは、ルティの他にアプリリアから早期契約終了を言い渡されたサム・ロウズと、ホンダのワールド・スーパーライダーであるステファン・ブラドルが候補者として挙がっていた。しかしチームオーナーであるマルク・ファン・デル・ストラテンは、ルティの起用は全会一致の選択であったことを明らかにしている。

「これまで2018年シーズンに向けてMotoGPライダーを探していたが、数名の候補者がいた。しかしルティを起用することに対し、関係者全員が賛成した」

「元125ccクラスチャンピオンであり、Moto2では一貫性を保ちながら過ごしてきた。トム(ルティの愛称)はチームにぴったりだ。私自身もマルクVDSに彼を歓迎することができて嬉しく思っている」

【関連ニュース】

岡田忠之「中上には大排気量バイクが合う。期待できる」

MotoGP昇格の中上貴晶。昨年末のへレス非公開テストが”鍵”だった

”アジア代表”としての中上の活躍を願う青山博一

Moto2のルティ、来季マルクVDSのシートを獲得か?

クラッチロー「アプリリアがロウズを切ったのは"醜態"」

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

2018 MotoGPライダーラインアップ予想図:

TeamRiders
Repsol Honda

 Marc Marquez

 Dani Pedrosa

Movistar Yamaha

 Valentino Rossi

 Maverick Vinales

Ducati

 Andrea Dovizioso

 Jorge Lorenzo

Suzuki

 Andrea Iannone

 Alex Rins

Aprilia

 Aleix Espargaro

 Scott Redding

KTM

 Pol Espargaro

 Bradley Smith

LCR Honda

 Cal Crutchlow

 Takaaki Nakagami

Marc VDS Honda

 Franco Morbidelli

 Thomas Luthi

Tech 3 Yamaha

 Johann Zarco

 Jonas Folger

Pramac Ducati

 Danilo Petrucci

 Jack Miller

Aspar Ducati

 Alvaro Bautista

 Karel Abraham

Avintia Ducati

 Tito Rabat?

TBA

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー トーマス ルティ
チーム Marc VDS Racing
記事タイプ 速報ニュース