MotoGPカタールGP決勝レポート:マルケスとのバトルを制し、ドヴィツィオーゾが初戦優勝! 中上貴晶は9位シングルフィニッシュ

シェア
コメント
MotoGPカタールGP決勝レポート:マルケスとのバトルを制し、ドヴィツィオーゾが初戦優勝! 中上貴晶は9位シングルフィニッシュ
執筆:
2019/03/10 18:28

MotoGP開幕戦カタールGP決勝が行われた。優勝はマルケスとのバトルを制したアンドレア・ドヴィツィオーゾ。中上貴晶は9位シングルフィニッシュだった。

 MotoGP2019年開幕戦カタールGP決勝レースが行われ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が優勝を飾った。悲願のタイトル獲得に向け好発進を切った。

 MotoGPクラス決勝レースは気温19度、路面温度20度というコンディションの中、全22周のレースが開始された。

 レースカレンダーで唯一のナイトレースとなるカタールGP。昼夜の気温差が激しく、ライダーは変化するコンディションへの適応を迫られるレースとなる。

 レース開始直前のウォームアップラップ、ルーキーながら5番グリッドを獲得していたファビオ・クアルタラロ(SRTヤマハ)のマシンが停止してしまい、残念ながらピットレーンスタートとなった。

 ホールショットを奪取したのはアンドレア・ドヴィツィオーゾ。2番手にジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が3番手につける。そして、9番グリッドスタートの中上貴明(LCRホンダ)は良いスタートを切り5番手につける。一方、ポールポジションスタートのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)はポジションを6番手まで落としてしまった。

 2周目、ミラーにシートの部品が外れるトラブルが発生し、ポジションに変化が起こり、マルケスが2番手に浮上。中上はこの混乱の中、7番手に順位を落としてしまう。

 3周目、ここでトップグループへ浮上してきたのはスズキのふたりだ。アレックス・リンスが4番手、ルーキーのジョアン・ミルが5番手にまでポジションを上げる。そしてセカントグループに追い上げてきたのは、14番手スタートの大ベテラン、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)。ロッシは中上らとバトルをしつつ、8番手まで順位を上げる。

 4周目、リンスがドヴィツィオーゾを交わしトップに浮上する。しかし、すぐにドヴィツィオーゾが首位を奪還。ラップタイムは徐々に上がり、1分55秒台中盤に差し掛かる。

 6周目、マルケスがリンスを抜き2番手に浮上するも、リンスは即座に2番手を奪い返す。だが、激しいバトルには発展せず。ここでトップ3に割って入ってきたのは、今季ドゥカティ加入のダニーロ・ペトルッチ。マルケスをかわし、3番手に浮上する。

 10周目、マルケスがペトルッチとリンスのふたりを交わし2番手に浮上。少しずつトップ4台と後続に差が付き始める。ルーキーのフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック・ドゥカティ)はオーバースピードでターン1でコースオフし、その後リタイヤとなった。

 12周目、首位ドヴィツィオーゾ、2位マルケスらトップ集団と4位以下の間のギャップが大きくなりだした。序盤、マシンにトラブルが発生していたミラーはここでリタイヤとなった。

 残り8周、リンスが前を狙い激しくマルケスと2位争いを展開。各コーナーごとに順位が入れ替わる。リンスのマシンは、コーナーでマルケスを交わすものの、後にストレートで抜き返されるというトップスピード不足の兆候が見て取れた。

 残り6周、セカンドグループを走っていた中上がフランコ・モルビデリ(SRTヤマハ)を抜き、9番手に浮上しシングルフィニッシュ圏内に再び戻ってきた。

 そして、トップグループ後方では、ロッシがひたひたと迫り、6番手まで順位を上げてきた。

 残り4周、マルケスが動く。ファステストラップを記録したマルケスはリンスを交わして2番手に浮上しドヴィツィオーゾの後ろにつける。その後ろではカル・クラッチロー(LCRホンダ)が激しくプッシュし、リンスに迫ってくる。

 いよいよラスト3周という場面で、リンスがターン1でミスを犯し大きく膨らんでしまい、ポジションを落とす。

 残り2周、ホームストレートでマルケスが並びかけるが、テール・トゥー・ノーズのままターン1を通過。しかしドヴィツィオーゾがターン3でミスを犯したことで、マルケスが首位に浮上する。

 ラストラップに突入するホームストレートでドヴィツィオーゾがマルケスを交わし首位を奪還。ターン10から断続的にマルケスが仕掛けるもドヴィツィオーゾが抑える。

 そして最終コーナー、マルケスがここぞとばかりに仕掛けるも、ドヴィツィオーゾがクロスラインで抜き返し、そのままホームストレートに突入。マルケスはスリップストリームに入り差を詰めるが、逆転はならず……ドヴィツィオーゾが1位、マルケスは2位でチェッカーフラッグを受けた。

 3位争いを制し表彰台をもぎ取ったのはクラッチロー。負傷後のレース復帰に嬉しい表彰台となった。チームメイトの中上は9位フィニッシュ。途中順位を落としていたが、シングルフィニッシュを果たしている。4位となったリンスのチームメイト、ミルはルーキーながら大戦果の8位フィニッシュとなった。

 そして驚きと言うべきか、やはりと言うべきか日曜日の魔法使い、バレンティーノ・ロッシが14番グリッドスタートながら、最終的に5位フィニッシュとなった。

 一方、ポールポジションを獲得していたビニャーレスは、結果に結びつかず7位に終わっている。

 MotoGP2019年シーズン開幕戦は、図らずも昨シーズンと同じようにマルケスとドヴィツィオーゾの一騎打ちとなった形だ。今シーズンもマルケスとドヴィツィオーゾが激しく火花を散らすことになりそうな予感を感じさせるレースだったと言えるだろう。

→MotoGP開幕戦カタールGP決勝リザルト

次の記事
Moto3カタール決勝レポート:鳥羽海渡がキャリア初優勝&Moto3クラス日本人初優勝の快挙!

前の記事

Moto3カタール決勝レポート:鳥羽海渡がキャリア初優勝&Moto3クラス日本人初優勝の快挙!

次の記事

最高の気分、言葉が見つからない! Moto3初優勝、鳥羽海渡が喜びを語る

最高の気分、言葉が見つからない! Moto3初優勝、鳥羽海渡が喜びを語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第1戦カタールGP
執筆者 永安陽介
まずは最新ニュースを読む