MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
9 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
29 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
37 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
58 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
64 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
65 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
86 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
93 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPスペインFP1:王者マルケス、貫禄のトップ発進。注目の弟アレックスは16番手

シェア
コメント
MotoGPスペインFP1:王者マルケス、貫禄のトップ発進。注目の弟アレックスは16番手
執筆:
2020/07/17 9:12

MotoGP第2戦スペインGPのフリー走行1回目がヘレス・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのは現王者のマルク・マルケスだった。日本の中上貴晶は14番手タイムでセッションを終えた。

 MotoGP2020年シーズンがついに再開。3月の開幕戦以来新型コロナウイルスの影響で長らく中断されていたが、関係各所の努力によって再開を迎えることが出来た。

 再開初戦、MotoGPクラスになってはシーズン初戦となる第2戦スペインGPの舞台はヘレス・サーキット。FP1は気温27度、路面温度32度というコンディションでスタート時刻を迎えた。

Read Also:

 なおファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)はシーズン中断期間に行なったプライベートテストでレギュレーション違反が認められたことでFP1の序盤20分走行不可のペナルティを科せられたため、序盤はガレージで待機となった。

 コースオープンとともに各ライダーは一斉にコースイン。MotoGPクラスにとって今季初のフリー走行が始まった。

 15日に同サーキットでテストを実施済みなこもあってか、セッションは序盤から最速タイムが次々と塗り替わる展開となった。

 マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)、ジャック・ミラー(プラマック)といったライダーがトップタイムの更新を繰り返し、10分ほどが経過するころになると、トップのミラーが記録したタイムはテストでのベストタイムに近い1分37秒台に突入した。

 15分が経過した頃、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがターン2でコースオフする場面があったが、転倒は免れた。なおアプリリアはドーピング違反の疑惑によって出場できないアンドレア・イアンノーネの代役としてテストライダーのブラッドリー・スミスを起用している。

 セッション中盤には中上貴晶(LCRホンダ)が1分38秒411までタイムを縮め、6番手に浮上してきた。またペナルティを消化したクアルタラロもコースインすると、すぐに10番手までタイムをあげている。

 そこからしばらく上位陣に大きな動きはなく、残り10分の段階でのタイムシートのトップ3はミラー、ビニャーレス、マルク・マルケスの並びとなった。

 各ライダーが最後の走行に向かうが、レプソル・ホンダのマルケス兄は弟のアレックス・マルケスを引き連れてのランデブー走行を行なう姿も見られた。

 ただそんな状況でもマルクは1分37秒350と大幅にトップタイムを更新。さらにアレックスも1分38秒212で8番手までタイムを縮めた。

 残り5分を切るとここからは各ライダーのタイムアタック合戦。カル・クラッチロー(LCRホンダ)が1分37秒438でマルクに迫る2番手に浮上し、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)も1分37秒471と僅差で3番手に続いた。

 セッション終了直前にはビニャーレスもタイムを大きく更新。1分37秒374で2番手に割って入った。

 チェッカー後のラップではタイムシートに大きな動きはないままFP1が終了。王者マルク・マルケスがトップタイムでセッションを終えた。2番手はビニャーレス、3番手にはクラッチローが続いた。中上は14番手タイムでFP1を終えている。

 注目のルーキー勢3名だがテック3・KTMのイケル・レクオナがトップ。ファクトリーKTMのポル・エスパルガロに次ぐ9番手につけた。ブラッド・ビンダー(KTM)は10番手、アレックス・マルケスは16番手となった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マルク マルケス 21 1'37.350     163.562
2 Spain マーベリック ビニャーレス 21 1'37.374 0.024 0.024 163.522
3 United Kingdom カル クラッチロー 19 1'37.438 0.088 0.064 163.414
4 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 19 1'37.471 0.121 0.033 163.359
5 Spain ジョアン ミル 16 1'37.481 0.131 0.010 163.342
6 Australia ジャック ミラー 17 1'37.487 0.137 0.006 163.332
7 Spain アレックス リンス 20 1'37.569 0.219 0.082 163.195
8 Spain ポル エスパルガロ 18 1'37.712 0.362 0.143 162.956
9 Spain イケル レクオーナ 17 1'37.714 0.364 0.002 162.953
10 South Africa ブラッド ビンダー 18 1'37.923 0.573 0.209 162.605

ヘレス2連戦は「ホンダにとって重要」王者マルケス、新型マシンの改善期待

前の記事

ヘレス2連戦は「ホンダにとって重要」王者マルケス、新型マシンの改善期待

次の記事

アプリリア、エンジンに信頼性アップデート導入。テストのオイル漏れは別原因

アプリリア、エンジンに信頼性アップデート導入。テストのオイル漏れは別原因
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント スペインGP
サブイベント FP1
執筆者 永安陽介