MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
6 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
26 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
34 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
55 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
61 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
62 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
83 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
90 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPアンダルシア予選:クアルタラロ、2戦連続ポール獲得。中上貴晶は悔しい8番手

シェア
コメント
MotoGPアンダルシア予選:クアルタラロ、2戦連続ポール獲得。中上貴晶は悔しい8番手
執筆:
2020/07/25 14:11

MotoGP第3戦アンダルシアGPの予選がヘレス・サーキットで行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得した。中上貴晶は8番手だ。

 MotoGP第2戦スペインGPと同じ舞台ヘレス・サーキットで行なわれている第3戦アンダルシアGP。その予選が行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロが2戦連続でポールポジションを獲得した。

 予選組分けでは中上貴晶(LCRホンダ)が直接Q2進出、負傷を押して出走しているマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)、アレックス・リンス(スズキ)といった面々に加え、さらにアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)といった有力なライダーもQ1からの参加となった。

 現地は非常に暑いコンディションであり、気温は36度、路面温度は56度と灼熱と言える状態で予選セッションが開始を迎えた。

 なおマルケスは一度コースへと出たものの、すぐにピットイン。ガレージに留まること無く、モーターホームへ向かいQ1の走行に戻ることはなかった。

 コース上で序盤のアタックではアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が1分37秒907をマークしてトップタイムに。ただ後方のライダーが次々とタイムを更新し、タイムシートは大きく入れ替わった。

 一通りのアタックが終わった段階ではミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)が1分37秒355でトップタイム。2番手にはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、3番手にヨハン・ザルコ(アビンティア)が続いた。

 Q1後半のアタックでは、ドヴィツィオーゾがまずタイムアップ。しかしQ2圏内には手が届かない3番手タイムに留まった。

 最終アタックではアレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)がターン5で激しく転倒。アレックスは自力で歩いてコースを後にするが、腕を痛めたように押さえる仕草も見られた。ただチームによると深刻な怪我はないという。

 結局ラストアタックでもトップ2に食い込むライダーは出ず、オリベイラとモルビデリの2名がQ2へ駒を進めた。ドヴィツィオーゾは最終的にも、4番手タイムに終わり、Q1敗退と苦しい結果となった。

 続いてQ2が始まると、ポル・エスパルガロ(KTM)がいち早く出陣。他のライダーも遅れること無くコースへと向かった。

 注目のアタック1巡目、トップタイムをマークしたのはマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)。1分37秒217でトップタイムとした。2番手以下にはフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)、モルビデリが続いた。そして遅れてアタックに入ったファビオ・クアルタラロも1分37秒309で3番手に割って入るなど、僅差の争いが繰り広げられる状況だ。

 また注目の集まっている中上は1分37秒611で5番手。まずまずのポジションにつけた。

 一度ピットでタイヤを交換したライダーたちは、残り6分ほどのタイミングで再びコースイン。中上も残り5分でコースへと戻った。

 コース上ではクアルタラロが最速タイムを刻み、1分37秒007をマーク。トップに浮上した。

 また中上も自己ベストを更新し、1分37秒464を記録。5番手に再びポジションを戻した。中上は連続でアタックに挑み、セクター3まで上位に迫るタイムを記録していたが、最終コーナーでコースアウト。タイム更新はならなかった。

 ラストアタックではビニャーレスがクアルタラロを超えるペースを発揮。1分36秒907とトップタイムをマーク……したかに思えたが、トラックリミット違反によってタイムが抹消されてしまった。

 これによりポールポジションはクアルタラロ。2番手にはビニャーレス、3番手にはバニャイヤが並んだ。

 中上は最終アタックでタイムを更新できなかったこともあり、最終的には8番手。3列目からのスタートとなった。

 なお予選後、マルク・マルケスは決勝レースに出走しないことを表明した。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ファビオ クアルタラロ 8 1'37.007     164.140
2 Spain マーベリック ビニャーレス 7 1'37.102 0.095 0.095 163.980
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ 7 1'37.176 0.169 0.074 163.855
4 Italy バレンティーノ ロッシ 7 1'37.342 0.335 0.166 163.575
5 Portugal ミゲル オリベイラ 3 1'37.344 0.337 0.002 163.572
6 Italy フランコ モルビデリ 7 1'37.412 0.405 0.068 163.458
7 Australia ジャック ミラー 8 1'37.423 0.416 0.011 163.439
8 Japan 中上 貴晶 7 1'37.464 0.457 0.041 163.371
9 South Africa ブラッド ビンダー 7 1'37.596 0.589 0.132 163.150
10 Spain ジョアン ミル 7 1'37.600 0.593 0.004 163.143

マルク・マルケス、MotoGPアンダルシアGP決勝への出走を断念

前の記事

マルク・マルケス、MotoGPアンダルシアGP決勝への出走を断念

次の記事

マルケス、アンダルシアGP欠場に後悔なし「今夜はよく眠れる」

マルケス、アンダルシアGP欠場に後悔なし「今夜はよく眠れる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント アンダルシアGP
執筆者 永安陽介