MotoGPチェコFP1:中上貴晶、トップタイムで存在感発揮! マルケス不在のホンダ引っ張る

MotoGP第4戦チェコGPのフリー走行1回目がブルノ・サーキットで行なわれ、LCRホンダの中上貴晶がトップタイムをマークした。

MotoGPチェコFP1:中上貴晶、トップタイムで存在感発揮! マルケス不在のホンダ引っ張る

 MotoGP第4戦チェコGPのフリー走行1回目が行なわれ、LCRホンダの中上貴晶がトップタイムを記録した。

 7月にシーズン再開を迎えたMotoGP。ヘレス・サーキットので連戦から間を空け、舞台はチェコのブルノ・サーキットへと移された。

 なお第2戦スペインGPの決勝で右上腕骨に骨折を負ったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、手術で埋め込んだチタン製プレートが破損し再手術となったことで、チェコGPは欠場。代役としてステファン・ブラドルが起用されることとなった。

 サーキット周辺は天候に恵まれ、気温26℃、路面温度32℃のコンディションでFP1が開始された。

 セッション開始からまもなく、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がターン13でクラッシュ。本人に怪我はなく、その後ピットへと戻った。なおターン13ではジャック・ミラー(プラマック)もオーバランでグラベルへと突っ込むシーンが見られた。

 序盤15分のタイムではポル・エスパルガロ(KTM/1分57秒392)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、中上貴晶(LCRホンダ)がトップ3につけた。

 開始直後に転倒を喫したビニャーレスも同じ頃に再度コースへと向かうと、その後2番手タイムに割って入った。

 アレックス・リンス(スズキ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)といった、スペインGPでクラッシュで負傷したライダーも積極的に走行を重ねた

 セッション残り20分を切ると、一度ピットへと戻っていたライダーもコースイン。徐々にラップタイムも上がっていき、アンドレア・ドヴィツィオーゾとダニーロ・ペトルッチのドゥカティ勢が3、4番手に浮上した。

 残り6分、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)がタイムを縮め、1分57秒789をマークし9番手に浮上した。

 セッション残り時間が3分となると、各車が最後のアタック。ブラッド・ビンダーが1分57秒420で2番手に浮上し、KTMがワンツー体制になった。

 ただその後ジョアン・ミル(スズキ)が1分57秒364でトップタイムを更新。さらには中上が1分57秒353とさらにトップタイムを更新してみせた。

 ミルは連続アタックでタイム更新を狙うが……これは届かず。中上がFP1トップタイムでセッションが終了。中上のセッショントップはアンダルシアGPのFP2以来2度目となる。2番手はミル、3番手にはポル・エスパルガロが続いた。

 開幕2連勝を収めたファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)はゆっくりとした立ち上がりでFP1を終え、セッション13番手タイムとなった。

 

From the editor, also read:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 中上 貴晶 17 1'57.353     165.746
2 Spain ジョアン ミル 17 1'57.364 0.011 0.011 165.730
3 Spain ポル エスパルガロ 16 1'57.392 0.039 0.028 165.691
4 France ヨハン ザルコ 18 1'57.460 0.107 0.068 165.595
5 Spain マーベリック ビニャーレス 14 1'57.565 0.212 0.105 165.447
6 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 16 1'57.632 0.279 0.067 165.352
7 Italy ダニーロ ペトルッチ 13 1'57.638 0.285 0.006 165.344
8 Italy バレンティーノ ロッシ 17 1'57.646 0.293 0.008 165.333
9 Italy フランコ モルビデリ 18 1'57.718 0.365 0.072 165.232
10 United Kingdom カル クラッチロー 17 1'57.753 0.400 0.035 165.183

シェア
コメント
骨折マルケス、プレート破損は「家で窓を開けたとき」とチームマネージャーが明かす

前の記事

骨折マルケス、プレート破損は「家で窓を開けたとき」とチームマネージャーが明かす

次の記事

MotoGPチェコFP2:クアルタラロがトップ奪還。ペトロナス・ヤマハがワンツー

MotoGPチェコFP2:クアルタラロがトップ奪還。ペトロナス・ヤマハがワンツー
コメントを読み込む