MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
5 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
19 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
25 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
26 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
33 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
47 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
54 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

中上、Q1敗退も改善に手応え。決勝は「序盤が鍵」とスタートダッシュ狙う

シェア
コメント
中上、Q1敗退も改善に手応え。決勝は「序盤が鍵」とスタートダッシュ狙う
執筆:

MotoGP第4戦チェコGPの予選を中上貴晶は17番手で終えた。トラックリミット違反もありQ1敗退に終わった中上だが、決勝レースは遅いペースになると予想している。

 MotoGP第4戦チェコGPの予選で、LCRホンダの中上貴晶はQ1敗退の17番手に終わった。

 中上はQ1を突破できるだけのタイムを記録したものの、トラックリミット違反によってタイムを抹消されてしまった。しかし彼はルールはルールとして納得している様子だ。

「フィーリングとしては、(グリーンエリアを通った感触は)無かったですね」

 予選後の取材で、トラックリミットを越していた感覚はあったかと訊かれた中上は、そう答えた。

「限界までプッシュしていましたし、(Q1敗退は)信じられないとも思いました」

「チームには申し訳ないと思います。ですが限界までベストは尽くしました。不運なことにグリーンエリアに乗ってしまいましたけど、ルールですからね」

 抹消された中上のタイムは1分56秒290。Q2でもセカンドロウに値する好タイムだった。

 初日の段階ではまだまだ改善すべき点が多いと語っていた中上だが、確実にマシンをものにしているように思える結果だ。

「初日はセクター2とセクター4で明らかに失っている所がありましたが、今朝からは少しずつ改善していきました」と、中上は言う。

「テクニカルなセクター2はまだ少しハンドリングの面で苦戦しているので、まだ改善が必要ですが、セクター4では明らかに改善がありました」

「一歩ずつ改善して行けているのは、レースに向けて良い点です。ブレーキングにポジティブなフィーリングもありますからね」

 舞台となるブルノ・サーキットは路面状況が厳しいものになっているが、中上もタイヤ選択とマネージメントが鍵になると考えている。

「明日のレースは長く、本当にタフなものになると思っています。みんながタイヤに不満を抱いていますし、どのタイヤも数周で大きく劣化してしまうので、フィニッシュするのも大変でしょう」

「ですから、タイヤ最後までマネージメントすることがレースに向けての鍵になると思っています」

「ただレースで使用するタイヤについてはまだ明確に決めきれていない状況です。なのでこの後ミーティングでマシンのセットアップやタイヤ選択を話し合う必要があります」

「スターティンググリッドにはもちろん満足していませんが、ベストを尽くしていきます。トップグループで戦えるかはわかりませんが、レースの序盤が本当に重要になると思います。どうなるか見てみましょう」

 

Read Also:

「僕のミスだった」予選5番手ビニャーレス、時間切れで最終アタック逃す

前の記事

「僕のミスだった」予選5番手ビニャーレス、時間切れで最終アタック逃す

次の記事

「何が起きたかわからない」ドヴィツィオーゾ、キャリア最悪の予選結果にお手上げ

「何が起きたかわからない」ドヴィツィオーゾ、キャリア最悪の予選結果にお手上げ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント チェコGP
執筆者 永安陽介