MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
11 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
17 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
18 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
39 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
46 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPチェコGP決勝:“初”づくしのビンダー優勝にKTM歓喜。中上追い上げ8位

シェア
コメント
MotoGPチェコGP決勝:“初”づくしのビンダー優勝にKTM歓喜。中上追い上げ8位

MotoGPチェコGP決勝が行なわれ、KTMのブラッド・ビンダーがルーキーながらキャリア初優勝。KTMにとって初の勝利を持ち帰った。

 ブルノ・サーキットでMotoGP第4戦チェコGP決勝レースが行なわれ、KTMのルーキー、ブラッド・ビンダーがキャリア初優勝。KTMへMotoGPクラス初の勝利をもたらした。

 予選ではヨハン・ザルコ(アビンティア)がポールポジションを獲得し、ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリとファビオ・クアルタラロの2名がフロントロウに並んだ。

 中上貴晶(LCRホンダ)はQ1でのラップタイム抹消が影響し、17番手と後方からのスタートだ。

 サーキット周辺は晴れ、気温は30℃、路面温度は47℃まで上昇。非常に暑いコンディションでレーススタート時刻を迎えた。

 21周のレースがスタートすると、ポールポジションのザルコは若干出遅れ、クアルタラロとモルビデリ、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が好スタートを決めたことで先行されてしまった。

 スタート直後の混戦ではモルビデリがトップに立ち、2番手にアレイシ、3番手にクアルタラロが続いた。モルビデリは即座にスパートをかけ、2番手に1秒以上のギャップを確立してオープニングラップを終えた。

 オープニングラップを終えてのオーダーは、モルビデリを筆頭にクアルタラロ、アレイシ、ブラッド・ビンダー(KTM)、ザルコのトップ5だ。また、中上は後方からのスタートだったが、11番手にまでポジションを上げた。

 先頭を行くモルビデリはファステストラップを記録するハイペースで走行。2番手のクアルタラロはペースこそ良いものの、3番手に上がってきたビンダーからプレッシャーを受ける展開だ。

 上位を走るライダーは先頭のモルビデリが単独、そこに2番手クアルタラロとビンダーが1秒差で続き、更に1秒差の4番手にザルコとポル・エスパルガロ(KTM)が並んでそれぞれが争う形となった。そして後に4番手争いではポルに軍配が上がり、ザルコは5番手に後退した。

 ポルはザルコを引き連れたままぐいぐいと2番手集団に接近し、9周目になると4台はひとつの集団になりつつあった。

 その9周目、ビンダーがついに2番手のクアルタラロをオーバーテイク。さらに好機と見たかポルもクアルタラロを追い抜いていった。しかしポルは10周目にターン1でワイドになったタイミングでザルコにインを突かれ、わずかに接触したことで転倒を喫してしまった。

 チームメイトの転倒を尻目に、2番手ビンダーは好ペースで走行。レース半分となる11周目には先頭のモルビデリとの差を1秒に縮めた。

 ビンダーはペースの落ちているモルビデリを更に追い上げ、残り10周でモルビデリを完全に捉えてみせた。

 レース残り9周、ついにビンダーがモルビデリをオーバーテイク。ルーキーながらトップに立ち、そのままモルビデリを突き放しにかかると、残り5周で2秒近い差を確保した。

 また同じ頃に、ザルコとポルの接触の審議結果が発せられ、ザルコに対してロングラップペナルティが科された。ザルコはこのペナルティを消化したが、なんとかクアルタラロの前の3番手でコースへ復帰することに成功した。

 そしてレースはラストラップ。ビンダーが5秒以上の大差を築いてトップでチェッカー。キャリア初優勝を挙げた。またこの優勝は2017年にMotoGPクラスへの参戦を開始したKTMにとっても、初のモノであり、チームは歓喜に包まれた。

 2位はモルビデリ。優勝こそ逃したがMotoGPクラス初の表彰台だ。3位にはドゥカティ陣営に移籍して1年目のザルコが入った。最終2周ではアレックス・リンス(スズキ)からのプレッシャーを受けたが、守りきって表彰台を獲得した。

 中上貴晶は終盤にアレイシ・エスパルガロをオーバーテイクし、8位を獲得。後方グリッドからのスタートだったが、シングルフィニッシュを持ち帰った。

 一方、ヘレスで2連勝を収めたクアルタラロは後半苦しい戦いが続き、7位でフィニッシュとなった。ただランキング首位は堅守している。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 South Africa ブラッド ビンダー 21 4Г38.764     163.4 25
2 Italy フランコ モルビデリ 21 4Г44.030 0.000 0.000 163.1 20
3 France ヨハン ザルコ 21 4145.234 1:09'01.234 1:09'01.234 163.0 16
4 Spain アレックス リンス 21 4145.373 1:09'01.373 0.139 163.0 13
5 Italy バレンティーノ ロッシ 21 4146.281 1:09'02.281 0.908 162.9 11
6 Portugal ミゲル オリベイラ 21 4146.733 1:09'02.733 0.452 162.9 10
7 France ファビオ クアルタラロ 21 4Г50.591 0.000   162.6 9
8 Japan 中上 貴晶 21 4T51.626 0.000 0.000 162.6 8
9 Australia ジャック ミラー 21 4Г53.777 0.000 0.000 162.4 7
10 Spain アレイシ エスパルガロ 21 4T53.851 0.000 0.000 162.4 6

MotoGPチェコGP速報:KTM&ブラッド・ビンダー、初優勝! 参戦4年目で頂点に

前の記事

MotoGPチェコGP速報:KTM&ブラッド・ビンダー、初優勝! 参戦4年目で頂点に

次の記事

「信じられないし、怖い!」KTMビンダー、デビュー3戦目の初優勝に感無量

「信じられないし、怖い!」KTMビンダー、デビュー3戦目の初優勝に感無量
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント チェコGP