MotoGP、新たな罰則“ロングラップペナルティ”の導入が正式決定。開幕戦カタールGPから適応

シェア
コメント
MotoGP、新たな罰則“ロングラップペナルティ”の導入が正式決定。開幕戦カタールGPから適応
執筆:
2019/03/05 2:37

MotoGPは“ロングラップペナルティ”を正式に採用することを決定。同ペナルティは2019年開幕戦カタールGPから適用される。

 既に当サイトが報じていた、MotoGPの新たな罰則、“ロングラップペナルティ”が導入されることが正式に決定された。このペナルティはカタールで行われたプレシーズンテストでライダーたちからポジティブなフィードバックを受けて決定されている。

 ロングラップペナルティは“1ポジションダウン”のようなペナルティのあり方に比べて、一貫したタイムの損失となることを意図したものだ。ただし、ポジションダウンペナルティも今後もスチュワードによって適応可能だ。

 この罰則はコース上に特設されたエリアを通過するもので、ライダーは数秒を失うと考えられている。同エリアは、カタールテストではそのエリアがターン6のヘアピンに設けられていた(上部写真)。そして、新たな罰則がどのように運用されるかが明かされた。

 まず“ロングラップペナルティ”を科されたライダーは、3周のうちに設定されたエリアを通過する必要がある。ただ、レッドフラッグが掲出されているなど、ライダーが罰則を実行できない場合、スチュワードはタイム加算のペナルティを科すことが可能となる。

 この罰則は主に、“ショートカットなどのトラック外走行”を対象としているが、“スチュワードが適切と判断した状況”でも科すことが可能とされている。

次の記事
レプソル・ホンダ代表、KTMの批判に反論「エスパルガロとザルコは2031年まで雇うんだろうね?」

前の記事

レプソル・ホンダ代表、KTMの批判に反論「エスパルガロとザルコは2031年まで雇うんだろうね?」

次の記事

ヤマハの体制変更は大当たり? “ロッシは開幕戦をトップグループで走れる”

ヤマハの体制変更は大当たり? “ロッシは開幕戦をトップグループで走れる”
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Jamie Klein
Be first to get
breaking news