MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
4 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
18 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
24 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
32 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
46 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
53 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

「バンプは大きな問題。解決策を見つけないと」中上、ミサノ戦は路面の凹凸に苦しむ

シェア
コメント
「バンプは大きな問題。解決策を見つけないと」中上、ミサノ戦は路面の凹凸に苦しむ
執筆:

MotoGP第7戦サンマリノGPで、LCRホンダの中上貴晶は初日総合12番手と、ここ最近の好調具合からすると苦戦気味の結果となった。曰く、再舗装された路面のバンプに苦しめられているようだ。

 オーストリア、レッドブルリンクでの連戦から2週間の休みを挟んで迎えた第7戦サンマリノGP。その初日走行でLCRホンダの中上貴晶は総合12番手タイムと、直近のグランプリでの好調具合から比較すると苦戦気味な結果となった。

Read Also:

 舞台となるミサノ・サーキットは今年、路面を再舗装。グリップレベルが非常に上がっている反面、バンプ(凹凸)のひどい箇所が存在するようで、中上はそのバンプが原因となって苦戦していると語った。

「今日はFP1からFP2まで完全に苦戦していました」と、中上は初日を振り返った。

「ご存知のように新しい路面はグリップは非常に良いんですがバンプがすごくて、そこで苦戦していました」

「バンプに当たった時、僕らのバイクは激しく振れてしまって、ホールドするのが凄く難しい状況で、次のコーナーへのブレーキングに集中できないんです」

「ですから、その解決策を時間をかけて探していました。コーナーはかなり良いんです。なので主な問題はバンプだけで、ターン3と4、ターン9といった(バンプが)酷い場所ではバイクの振れが大きくなってしまうんです。そしてスロットルを戻さざるを得なくて、タイムを失ってしまっています。それが苦戦している主な理由です」

「この問題は本当に大きなもので、可能な限り早く解決策を見つける必要があります。この状態ではレースをフィニッシュできません、つまり10周でさえバイクをホールドできなくなってしまうんです」

「明日に向けて早く解決策を見つけ出す必要がありますね」

 なお、前戦スティリアGPで中上は“ふたつの穴”が空いたフロントフェンダーを装着してレースへ挑んでいた。これは前を走るマシンのスリップについた時などにタイヤ温度を下げるためにチームが用意したもので、前回は上手く機能したと中上は語った。ただ今回は初日(気温28℃、路面43℃)以上に暑いコンディションとならない場合は使用しないつもりだという。

「前戦では確かにそれを使っていました。ホンダのバイクは特にフロントタイヤのマネジメントが容易ではないですからね」

「上手く機能してくれて、問題は無かったです。今回、FP2では1度試しました。ただ問題は(バンプによる)マシンの振れで、(フェンダーの効果は)トラック温度に依存するものなので、今日より暑くなれば使うでしょうが、現時点では使わないですね」

Additional reporting from Gerald Dirnbeck

 

Read Also:

MotoGPサンマリノFP2:ヤマハ勢好調続きトップ6に4台。中上貴晶はトップ10逃す

前の記事

MotoGPサンマリノFP2:ヤマハ勢好調続きトップ6に4台。中上貴晶はトップ10逃す

次の記事

“30歳みたいな”ロッシ「いい初日だった」地元ミサノで総合6番手の好調スタート

“30歳みたいな”ロッシ「いい初日だった」地元ミサノで総合6番手の好調スタート
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント サンマリノGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
執筆者 永安陽介