MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPに新たなペナルティが登場? その名は“ロングラップペナルティ”

シェア
コメント
MotoGPに新たなペナルティが登場? その名は“ロングラップペナルティ”
執筆:
2019/02/25 10:37

MotoGPは2019年シーズンから、罰則リストに“ロングラップペナルティ”を加える予定だ。

 MotoGPに追加される新たな罰則は、“ペナルティを受けたライダーはトラックにマーキングされた特別なエリアを通過する”というものだ(上写真)。2月23日から行われているカタールテストで初めて、この案がテストされていた。

 なお、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)はテスト初日に(このルートを)試した後、罰則により失うタイムは3秒以上と見積もっているようだ。

 ライダーたちからのポジティブなフィードバックを受け、現在“ロングラップペナルティ”と呼ばれている案は2019年シーズンの開始までにレギュレーションへ追加される予定となった。

 このシステムは当初、“ポジションをひとつ下げる”という現在のペナルティに変わるものとして考えられていた。しかし、最終的にはスチュワードがレース中に科すことのできる罰則リストに加えることが決定された。

 ペナルティ用のエリアは、レースディレクションのロリス・カピロッシ、フランコ・ウンチーニ、そしてカルロス・エスペレータの3者がどのサーキットに用意できるかを決定する。

 このルールは多くのトラックで使用可能だと思われるが、現実的に、追加エリアを設定することができないかもしれない。

 エスペレータはそうした懸念について、次のようにmotorsport.comに語っている。

「我々は全てのサーキットにこのルールを適応したいと思っている。だが、トラックの限界により、追加のルートを設けることが不可能だとしても、このルールが間違いだということではない」

次の記事
「課題はレースペース」中上貴晶、アタックラップは及第点も慢心ナシ

前の記事

「課題はレースペース」中上貴晶、アタックラップは及第点も慢心ナシ

次の記事

ロッシの懸念……ヤマハの不安要素は“最高速”の不足?

ロッシの懸念……ヤマハの不安要素は“最高速”の不足?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Oriol Puigdemont