MotoGPシェイクダウンテスト始まる。ロレンソの参加は2日目以降か

シェア
コメント
MotoGPシェイクダウンテスト始まる。ロレンソの参加は2日目以降か
執筆:
2020/02/03 1:43

マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開始された、MotoGPのシェイクダウンテスト。初日のセッションでは、KTMのダニ・ペドロサがトップタイムを記録した。

 2月2日から、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでMotoGPのシェイクダウンテストが開始された。

 このテストは2月7日から予定されているセパンテストに先立って行なわれるもので、各メーカーのテストライダーが新型マシンを試走させるためのものだ。参加できるライダーは、コンセッション(優遇措置)を受けていないメーカーはテストライダーのみで、コンセッション適用のメーカーはレギュラーライダーもこれに参加できる。また、例外としてルーキーライダーはシェイクダウンで走行を行なうことが可能だ。

 この日、トップタイムを記録したのはKTMのテストライダーであるダニ・ペドロサだ。タイムは2分0秒625だった。そこにドゥカティのミケーレ・ピッロがわずかな差で続いている。

 ただ、初日の走行では全てのライダーがトランスポンダーを使用してタイムを計測したわけではないため、タイムシートが結果の全てを反映していない可能性に留意する必要はある。

 2020年シーズンにデビューするルーキー勢からはアレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)とブラッド・ビンダー(KTM)が早速テストに参加。それぞれ4番手(2分1秒317)、5番手(2分1秒637)で続いた。

 1月下旬にヤマハへテストライダーとして加入することが発表されたホルヘ・ロレンソは、初日の走行には参加しなかった。彼は2月3日(月)から走行すると予想されている。ロレンソがYZR-M1を駆るのは、2016年にヤマハを離脱して以来のことになる。

Read Also:

Pos Pilota Moto Tempo Giri
1 Dani Pedrosa KTM 2'00”625 57
2 Michele Pirro Ducati 2'00”642 57
3 Sylvain Guintoli Suzuki 2'01”220 65
4 Alex Marquez Honda 2'01”317 59
5 Brad Binder KTM 2'01”616 52
6 Stefan Bradl Honda 2'01”637 58
7 Bradley Smith Aprilia 2'02”760 43
8 Lorenzo Savadori Aprilia 2'05”888 48
次の記事
アプリリア、2020年新型マシンを公開。“抜本”アップデートで浮上なるか

前の記事

アプリリア、2020年新型マシンを公開。“抜本”アップデートで浮上なるか

次の記事

MotoGPでのシートを確保できるか? “勝負の年”迎える4人のライダー

MotoGPでのシートを確保できるか? “勝負の年”迎える4人のライダー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ 発売中 , ホルヘ ロレンソ 発売中
執筆者 Matteo Nugnes