MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
29 days

王者はマルケスで決まり? 「タイトル争いはムジェロで終わった」とクラッチロー

シェア
コメント
王者はマルケスで決まり? 「タイトル争いはムジェロで終わった」とクラッチロー
執筆:
2019/07/10 9:06

カル・クラッチローは、今季のMotoGPのタイトル争いがムジェロでのイタリアGPで決したと考えている。

 LCRホンダのカル・クラッチローは、ポイントランキングを独走するマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が今まで以上にマシンを乗りこなしていると言い、2019年のMotoGPのタイトル争いは“4レース前に終わった”と語った。

 今季前半のマルケスはほとんど手がつけられないレベルで、ここまで9戦を終えた段階で、転倒リタイアに終わった第3戦オースティンを除き8レースで2位以上に入った。うち5レースで勝利を収めており、ランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾに対し、58ポイントのリードを築いている。これはシーズン前半戦を“全勝”した2014年以来の独走状態である。

 クラッチローが語る“4レース前”というのは、ムジェロで行われた第6戦イタリアGPのことである。ここはマルケス、そしてホンダが伝統的に最も苦手とするサーキットのひとつだったが、彼は結果的に優勝したダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)と0.043秒差の2位でフィニッシュした。

「(タイトル争いは)終わったんだ。4レース前にね」とドイツGPを3位で終えたクラッチローは語った。

「ムジェロは彼が昨年かなり苦しんだ場所だった。しかし今年は(ペトルッチらと)激しいバトルをして、2位フィニッシュだった」

「彼は一流の走りを見せているし、本当にマシンをうまく乗りこなしている。この(ホンダの)バイクには良くない部分があるのに、彼がそれを機能させていることを考えると、これまでで一番良い走りをしていると言える」

 8月に行われるオーストリアGPは、レッドブルリンクを舞台に2016年から行われているが、ドゥカティが3連勝と無敗を誇っている。ここでもマルケスが勝てるかどうかを尋ねられたクラッチローは、こう答えた。

「それは分からない。ただ、彼は今レースをマネージメントすることができる。今回のレース(ドイツGP)でも、彼は最初の10周でハードにプッシュし、最後の10周はあらゆるものを管理していた」

 ザクセンリンクで今季2度目の表彰台を獲得したクラッチローだが、未だにホンダの2019年型マシンのフィーリングを掴めていないようだ。

「なんて発言するか、慎重にならなければいけない」と彼は語った。

「今回はサバイバルレースだったので、僕たちは確実に生き残ってポイントを獲得することができた」

「この表彰台がサーキット特性のおかげだと言うつもりはない。僕たちはこのマシンが僕にとって良いフィーリングになるよう、懸命に働いている」

「ブルノ(チェコGP)でレースをするのは楽しみだし、テストも楽しみにしている」

「うまくいけば、テストでフィーリングは改善されると思うし、後半戦に向けて強くなれる場所はまさしくそこだと思う」

Third place Cal Crutchlow, Team LCR Honda

Third place Cal Crutchlow, Team LCR Honda

Photo by: Gold and Goose / LAT Images

次の記事
クアルタラロ、ドイツGP転倒の原因は“ためらい”? シーズン前半には満足げ

前の記事

クアルタラロ、ドイツGP転倒の原因は“ためらい”? シーズン前半には満足げ

次の記事

MotoGPコラム:ルーキー勢は“当たり年”。次の飛躍はスズキのジョアン・ミル?

MotoGPコラム:ルーキー勢は“当たり年”。次の飛躍はスズキのジョアン・ミル?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第9戦ドイツGP
ドライバー カル クラッチロー 発売中 , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team , Team LCR
執筆者 David Gruz