MotoGP2022年シーズンの暫定エントリーリストが公開。VR46はいまだタイトルスポンサー無し

MotoGP2022年シーズンの暫定エントリーリストが発表された。新たに参戦を開始するバレンティーノ・ロッシのVR46チームは、まだタイトルスポンサーがついていない状況だ。

MotoGP2022年シーズンの暫定エントリーリストが公開。VR46はいまだタイトルスポンサー無し

 2021年のMotoGPシーズンが終了したばかりだが、早くも2022年シーズンのMotoGP各クラスの暫定エントリーリストが発表された。注目されるのはVR46 RACING TEAMにタイトルスポンサーがついていないことだろう。

 2021年の第18戦バレンシアGPをもって現役を引退したバレンティーノ・ロッシ。しかし2022年シーズンには、彼の立ち上げるVR46 RACING TEAMが新たにMotoGPクラスへの参戦を開始する。

 VR46のMotoGPクラス参戦は今年春に初めて公表されたが、それ以降同チームの参戦についてはタイトルスポンサーの点で多くの疑念が集まってきた。当初の発表ではサウジアラビアの国営石油会社サウジ・アラムコがスポンサーに就くとされていたものの、”契約が結ばれていない”疑惑が持ち上がってきたためだ。

 発表を行なったタナール・エンターテインメント・スポーツ&メディアとVR46は契約が存在すると主張していたが、アラムコはmotorsport.comに対して契約が存在しないと述べていた。

Read Also:

 ただ10月下旬、エミリア・ロマーニャGPの際にVR46チームの代表であるパブロ・ニエトは、アラムコとVR46との間で、ゆっくりながらも交渉が進行していると語っていた。

 しかしその後に新たな動きは無く、2022年シーズンの暫定エントリーリスト公開の日を迎えた。結果、FIMからはVR46はタイトルスポンサー無しの状態で記載されている。

 VR46は2022年のライダーとしてルカ・マリーニと、Moto2から昇格となるマルコ・ベッツェッキを起用することになる。マシンについてはマリーニへ最新型のドゥカティ・デスモセディチGPが、ベッツェッキには2021年型が供給される予定だ。なおベッツェッキのゼッケン番号は72番だ。

 その他の新顔としては、テック3・KTMから最高峰クラスへデビューするレミー・ガードナー(2021Moto2王者/ゼッケン番号87番)とラウル・フェルナンデス(2021Moto2ランク2位/25番)がおり、またペトロナス・ヤマハSRTの後継チームとなるヤマハRNFからは、Moto3クラスから飛び級昇格のダリン・ビンダー(2021Moto3ランク7位/40番)が新たにデビュー。グレシーニ・レーシングからはファビオ・ディ・ギャナントニオ(2021Moto2ランク7位/49番)がデビューする。

 また、2022年に向けたその他の変化として、アプリリアがグレシーニ・レーシングとの共同チームではなく、独立したファクトリーチームとしてエントリーする。一方でグレシーニは新たにドゥカティのサテライトチームとなる。なおアプリリアもタイトルスポンサーはまだ就いていない状況だ。

 2022年シーズンへの準備はすでにスタートしており、11月18~19日にかけてはヘレス・サーキットで合同テストが開催される予定だ。

 
Read Also:

MotoGP2022 暫定エントリーリスト

4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ – WITHU Yamaha RNF MotoGP Team

5 ヨハン・ザルコ – Pramac Racing

10 ルカ・マリーニ – VR46 Racing Team

12 マーベリック・ビニャーレス – Aprilia Racing

20 ファビオ・クアルタラロ – Monster Energy Yamaha MotoGP

21 フランコ・モルビデリ - Monster Energy Yamaha MotoGP

23 エネア・バスティアニーニ – Gresini Racing MotoGP

25 ラウル・フェルナンデス – Tech3 KTM Factory Racing

30 中上貴晶 – LCR Honda

33 ブラッド・ビンダー – Red Bull KTM Factory Racing

36 ジョアン・ミル – Team Suzuki Ecstar

40 ダリン・ビンダー – WITHU Yamaha RNF MotoGP Team

41 アレイシ・エスパルガロ – Aprilia Racing

42 アレックス・リンス – Team Suzuki Ecstar

43 ジャック・ミラー – Ducati Lenovo Team

44 ポル・エスパルガロ – Repsol Honda Team

49 ファビオ・ディ・ギャナントニオ – Gresini Racing MotoGP

63 フランチェスコ・バニャイヤ – Ducati Lenovo Team

72 マルコ・ベッツェッキ – VR46 Racing Team

73 アレックス・マルケス – LCR Honda

87 レミー・ガードナー – Tech3 KTM Factory Racing

88 ミゲル・オリベイラ – Red Bull KTM Factory Racing

89 ホルヘ・マルティン – Pramac Racing

93 マルク・マルケス – Repsol Honda Team

シェア
コメント
終盤戦好調のドゥカティ、2022年は更に脅威に? クアルタラロ「ウチのバイクは限界だった」と懸念
前の記事

終盤戦好調のドゥカティ、2022年は更に脅威に? クアルタラロ「ウチのバイクは限界だった」と懸念

次の記事

ジャック・ミラー、母国オーストラリアでスーパーバイクに参戦。コロナ禍でMotoGP中止もファンと2年ぶり再会へ

ジャック・ミラー、母国オーストラリアでスーパーバイクに参戦。コロナ禍でMotoGP中止もファンと2年ぶり再会へ
コメントを読み込む