Moto3であわや大惨事のクラッシュ。危険なライディングと運営判断にMotoGPライダーからも苦言

バレンティーノ・ロッシは、Moto3のレースで大事故を引き起こしたデニス・オンジュに厳しい罰則が与えられたことに賛同したが、その直前の事故で赤旗が出された後にリスタートが切られたことには批判的な姿勢を見せた。

Moto3であわや大惨事のクラッシュ。危険なライディングと運営判断にMotoGPライダーからも苦言

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行なわれたMotoGPアメリカズGPのMoto3クラス決勝では、8周目にフィリップ・サラック(CarXpert PruestelGP)の転倒により赤旗中断。その後、残り5周のレースとしてリスタートが切られたものの、その3周目にバックストレートで多重クラッシュが発生したため2度目の赤旗が掲示され、そのままレース終了となった。

 2度目の事故の発端となったのは、Red Bull KTM Tech 3のデニス・オンジュであった。オンジュはバックストレートで大きくラインを変更し、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)の前を横切るような形となった。それにより2台は接触し、転倒したアルコバのマシンに後続のアンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)とペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)が突っ込んでしまったのだ。

Read Also:

 幸いにも全てのライダーが大事には至らず済んだが、オンジュは2レースの出場停止処分を受けた。なおレースは最初に赤旗が出された時点の順位で成立となり、イザン・ゲバラ(Solunion GASGAS Aspar Team)の初優勝で幕を下ろした。

 2輪ロードレースにおける安全性に関しては、今年に入って大きな話題となっている。今季のMoto3ではジェイソン・デュパスキエが事故により命を落としており、先日行なわれたワールド・スーパースポーツ300のレースでもディーン・ベルタ・ビニャーレスが事故死した。

 これについてMotoGPの大ベテランであるバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、Moto3における安全性が「手に負えない状況」になっているとして、スチュワードはオンジュに厳しいペナルティを与える他なかったと主張している。一方で、スチュワードがサラックの事故の後レースを再開させたことには批判的な意見を述べた。

「オンジュや他のライダーのことをとやかく言いたくはないけど、ペナルティは妥当だったと思う」

 ロッシはそう語った。

「彼ら(スチュワード)は行動を起こさないといけなかった。彼(オンジュ)が2レースを自宅で過ごさないといけないのは、最低限の罰則だ。現状は手に負えないことになっているからね」

「今回の彼らはミスを犯した。Moto3は残り5周でリスタートされたが、5周のレースは危険すぎる。ロシアンルーレットのようなものだ」

「それはそうと、オンジュは他のライダーがいることを分かっているにも関わらず、ストレート上を横切った。あれは致命的なクラッシュになりかねない。恐ろしかった」

「アコスタは恐ろしい転倒をしたが、何事もなかったのは幸運だった。彼らは最初から事態を深刻に受け止めた行動をしないといけなかった。何かが起きる前に状況を変えないといけない。2輪レースにおいて、コース上であのような振る舞いをすることはあまりに危険すぎる」

「自分とそのライバルの安全を尊重しないといけない。これはポジションをひとつ上げることよりも重要なことだ。このままだと若い子たちの命を弄ぶことになり、大惨事になりかねない」

 ドゥカティのジャック・ミラーはこのロッシのコメントに同意しつつ、今回の事故がもっと狭いサーキットで起こっていれば、より酷いものになっていただろうと語った。

「あれは不運な事故なんかではない。ストレート上であからさまに動いていた」

「あんなことが年中起きている。今年のバルセロナでも、ストレート上での動きにハラハラさせられることがあったが、今日は正直本当に酷かった」

「皆が無事だったことは良かった。特にアコスタとミーニョは完全に無実な傍観者だった。彼らは普通にスリップストリームを使っていただけなのに、前の方の馬鹿なライダーがお互いに接触したことで、彼らの前にバイクが置き去りになってしまった」

「これがテキサスで起きたのは、本当に幸運だった。飛行機が滑走できるほど広いストレートだからね。だから他のライダーたちの行き場があった。でも、もしこれがヘレスで起こっていたら、良くないことになっただろう」

「そのことと、レースを再開しようと考えたことは確かに愚かだったと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホルヘ・マルティン、心拍数が驚異の毎分200回! 「良いエンジン付いてるからね」

前の記事

ホルヘ・マルティン、心拍数が驚異の毎分200回! 「良いエンジン付いてるからね」

次の記事

8位に降着のジョアン・ミル、ペナルティに納得できず「こんなの、レースの本質が失われてしまう」

8位に降着のジョアン・ミル、ペナルティに納得できず「こんなの、レースの本質が失われてしまう」
コメントを読み込む