「マシンにも僕にも合っている」中上貴晶、アルゼンチンGPでトップ7を狙う

シェア
コメント
「マシンにも僕にも合っている」中上貴晶、アルゼンチンGPでトップ7を狙う
2019/03/29 10:32

開幕戦カタールGPを9位フィニッシュとまずまずの結果を残した中上。第2戦アルゼンチンGPはトップ7を狙っていくことが目標だと語る。

 MotoGP参戦2年目の初戦を9位フィニッシュと、まずまずの結果で終えたLCRホンダの中上貴晶。2戦目となるアルゼンチンGPはホンダのマシンと相性が良いと言われていることもあり、中上自身もトップ6やトップ7フィニッシュを狙って行くことが目標となる、と話した。

「開幕戦は良いレースにできたと思います。今週末のアルゼンチンGPで、特別な何かがあるわけではありませんが、ベストを尽くして、次の一歩を踏めることを楽しみにしています」

「そしてアルゼンチンGPでは、トップ6、トップ7を目標にしています」

 2年目のシーズンをオフシーズン含め良い流れで進めている中上だが、ライディングの改善には同じホンダのマシンに乗るライダーのデータが役に立っているとのことだ。

「このトラックでは、過去を見てもホンダのバイクは良いポテンシャルがありますし、僕にもカタールよりも良いチャンスがあると思っています。僕のライディングスタイルは、ここのレイアウトと良い相性だと思いますし、ホンダのバイクともそうです」

「ステップ・バイ・ステップでライディングを進歩させています。毎週末新しい挑戦であり、チームメイトのカル(クラッチロー)やレプソル・ホンダのふたりのデータが僕の進歩を助けてくれるんです」

「ここでもトップ10に入ることが目標になりますが、トップ7へ入ることができればとてもいい結果だと思っています」

次の記事
ホンダ版”スプーン”は承認得られず。裁定の矛盾を指摘する”意図的な動き”か?

前の記事

ホンダ版”スプーン”は承認得られず。裁定の矛盾を指摘する”意図的な動き”か?

次の記事

ホンダ版“スプーン”が一転承認。“空力目的”はダメ、“冷却目的”ならOK……規則に欠陥?

ホンダ版“スプーン”が一転承認。“空力目的”はダメ、“冷却目的”ならOK……規則に欠陥?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第2戦アルゼンチンGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
まずは最新ニュースを読む