MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days

中上貴晶、“納得のいかない”予選10番手。トップ5の目標は変わらず

シェア
コメント
中上貴晶、“納得のいかない”予選10番手。トップ5の目標は変わらず
2019/08/25 4:03

MotoGP第12戦イギリスGPで10番グリッドとなった中上貴晶。決勝レースではトップ5を目指すと意気込んだ。

 MotoGP第12戦イギリスGPの予選で、LCRホンダの中上貴晶は10番グリッドを確保した。

 中上は初日は11番手タイムと、Q2に直接進出できるトップ10に食い込めていなかった。しかしFP3が始まるとタイムを縮め、強豪ライダーが次々とタイムを縮める中でも9番手に割って入りQ2進出を決めた。

「FP3は厳しい戦いとなりましたが、なんとか1分59秒台に入れて、9番手でQ2に進出することができました」と中上はFP3を振り返ってリリースにコメントを寄せた。

 迎えたQ2で、中上はアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の後ろについてタイムアップを狙う姿も見せたが、大幅な更新はできず、最終的に10番手タイムで予選を終えた。

「Q2は、FP3より気温が5℃上がり、路面温度も10℃以上あがりましたが、ラップタイムは全体的に上がりました。自分もタイムを上げようと思ったのですが、今日はうまくまとめきれず、フリー走行のタイムをわずかに更新しただけでした」

 こうした結果について、中上は欲張りすぎて出たミスが原因だと語っている。そして、決勝レースでは諦めずにトップ5、トップ6を目指すと意気込んだ。

「今日は完全に自分のミス。コースに出るタイミングが悪かっただけでなく、アタックしているときも、欲張りすぎてブレーキングでミスをしてしまいました」

「ラップタイムを含めて、納得のいかない予選となりました。それでもなんとか10番手に入れたし、最低限の目標は達成できたと思います。明日は厳しい戦いになると思いますが、得意のサーキットなのでいいレースにしたいです。目標は大会前に言ったトップ5~6を目指すという気持ちに変わりはありません。ベストを尽くします」

Read Also:

次の記事
2番グリッドは“甘露”……ロッシ、“引退”批判に走りで答える

前の記事

2番グリッドは“甘露”……ロッシ、“引退”批判に走りで答える

次の記事

「“アマチュアのミス”だった」クラッチロー、予選の転倒を悔やむ

「“アマチュアのミス”だった」クラッチロー、予選の転倒を悔やむ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第12戦イギリスGP