MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
13 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
26 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
33 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
41 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
61 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
69 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
90 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
96 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
97 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
118 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

いざ表彰台! 暴れ馬に“可能性”見出す中上貴晶。飼いならせるかは「自分次第」

シェア
コメント
いざ表彰台! 暴れ馬に“可能性”見出す中上貴晶。飼いならせるかは「自分次第」
執筆:
2019/12/11 10:37

LCRホンダでMotoGP2年目のシーズンを終えた中上貴晶。2019年は肩の負傷によって戦線を早期に離脱してしまったが、その怪我の回復状況から、2020年シーズンの目標、来季に駆ることになる2019年型RC213Vについての話を聞いた。

 ロードレース世界選手権(MotoGP)の最高峰MotoGPクラスに参戦する唯一の日本人、中上貴晶。今季の中上は序盤戦から好パフォーマンスを見せたが、中盤戦で肩に怪我を負うと以後は苦戦してしまった。

 その中上は佐藤琢磨(インディ500勝者)、室屋義秀(レッドブル・エアレースチャンピオン)という世界のトップを戦うレーサーたちと、時計メーカーのブライトリングが立ち上げた“ジャパン・レーサーズ・スクワッド”というチームに参加している。

Read Also:

 12月初旬にその3名がブライトリング主催のイベントに出演。中上はリラックスした様子で佐藤や室屋とトークを展開し、レースへかける想いや夢への挑戦について語った。

 motorsport.comはこのイベントに出演した中上に独占インタビューを行ない、身体の状態から、2020年シーズンの展望まで詳しく話を聞いた。

■2020年セパンテストで100%のカラダは厳しいか

 中上はホンダ・RC213Vの2018年型を今季走らせた唯一のホンダ勢だ。だが開幕戦カタールGPで9位に入ると、そこからコンスタントにトップ10フィニッシュを続け、第6戦イタリアGPで5位に入るなど着実に成績を伸ばしていった。

 しかし第8戦オランダGPでバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の転倒に巻き込まれ、肩と足を負傷。以後はなんとか10位周辺をキープするものの、明らかに転倒前に比べて苦戦している様子だった。

 母国凱旋となる第16戦日本GPで、中上は右肩に負った怪我が悪化していることを告白し、終盤3戦を欠場して手術を受けることを選択。中上の2019年シーズンはランキング13位で幕を閉じた。

「10月29日に手術を受けたので、術後1カ月というところなんですが、(手術してから)3週間程は(肩を)固定していました」と、中上は術後の様子を語る。

「今は固定を外して、少しずつですが(肩関節の)可動域を戻していっています。まだ初期段階ですけどね。劇的に良くなるということは無いので、1週間スパンで見ると“先週よりも良くなってきているな”という小さな積み重ねですけど、順調に進んでいるかなと言う感じです」

 中上はこの手術のために、バレンシアとヘレスで行なわれたポストシーズンテストを欠場。悩み抜いた末に日本GPを2019年の最終レースにすると決断を下したわけだが、それでも2020年2月に予定されているセパンテストに万全の状態で参加、とは行かないのが実情のようだ。

「手術をしていただいたドクターから(2月のテストに間に合うか)はかなりギリギリと言われています。2月に間に合わせたいという話はしていたんですが……“頑張って間に合わせましょう!”という感じです」

「今は100%に戻すことを目指しています。ただ肩は複雑な箇所でもあるので、100%は厳しいと思います。ですが、きちんとしたパフォーマンスで走れないと意味がないので、そこを目指しています」 

■“扱いづらい”と噂の2019年型RC213Vに悪印象は無い?

 セパンテスト、そして3月の開幕戦カタールGPに向けて身体をケアする中上。彼の語るようにフィジカル面は万全とは行かない状況にあるようだが、それ以外にも不安要素はある。

 それは“2019年型のホンダ・RC213V”だ。

 中上は来季も1年型落ちのマシンを走らせる契約となっているが、この2019年型のRC213Vはチームメイトのカル・クラッチローや、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)からフロントタイヤの挙動へ不満が発せられており、“曲げづらく、フィジカルに厳しい”マシンだと言われている。

 来季、中上はこのマシンを駆ってシーズンに挑むわけだが、肩の負傷や難しさを考えると非常にチャレンジングな戦いになることも予想される。

 もちろん彼もそれは織り込み済みのようで、「2019年型のバイクについてはいろんな声を聞いています。もちろんマルク(マルケス/レプソル・ホンダ)やホルヘだったり、カルだったりから直接(マシンについて話を)聞いています」と、同じホンダ陣営から状況を聞いていると話す。

「ふたり(ロレンソとクラッチロー)とも難しいバイクだと口を揃えて言っていますが、視点を変えればマルクが圧倒的な強さで400ポイント以上を稼いでチャンピオンになっているマシンでもありますよね」

「確かに(ホンダ勢の中で)1位(かつチャンピオン獲得のマルケス)と2位を見ると、(ホンダ勢2位の)カルは(差の大きい)ランキング9位です。ただバイクのポテンシャル、ものすごい速さをマルクが引き出してしていたので、“あそこまで行ける”という実績があるんです」

「ですからポジティブに見ればそこまで行ける、そこまでのポテンシャルがあるバイクということになります。もちろん見方を変えれば難しいバイクで、それに乗る、ということになるので自分次第ですね」

「もしマルクが乗っていて全然成績が残っていないなら、“どうしよう?”といった悩みが出るかもしれない。ですが彼はものすごい差をつけて勝っているので、そこを信じて自分がどれだけ頑張れるか……努力や適応能力次第で、パフォーマンスが出せると思うんです」

 全ては自分次第と、中上はマシンの前評判に臆する様子は見せなかった。実は、中上は2019年6月に2019年型のマシンに乗る機会を得ていた。その際の印象もネガティブなものではなかったのだと、彼は明かしてくれた。

「カタルニアGP後のテストで20周位カルの(2019年型の)バイクに乗りました。(2018年と比べて)違いはありましたし、良い点、悪い点がありましたね」

 中上は、2019年型の長所はエンジンパワーだと話す。“エンジンパワー”といえば、近年はドゥカティがその直線スピードで他メーカーを圧倒してきたが、今シーズンはホンダがそこに肉薄してきた。

 その改善された直線スピードは、予選よりもレースでの展開に役立つと中上は考えている。

「極端な話ですけど、ストレートが速ければコーナーで離されても追いつく、それどころか抜くこともできます。なのでレース展開では有利(に働く)と思います」

 そう語る中上。2019年型にポジティブな印象を多く感じさせる語り口だったが、チームメイトが度々不満を漏らしていたフロントタイヤ側のフィーリングについて訊くと、“確かにフィーリングの違いはあった”と言うものの、単純にネガティブなものだとは感じていないようだった。

「ただ、それ(フロントのフィーリングの違い)が凄くネガティブなものかというと、自分はそういった捉え方はなかったです。『確かにフィーリングは違うな、でも可能性はあるな』という感じですね」

■前半戦が鍵。MotoGP3年目、目指すは表彰台

 MotoGPクラスに参戦する唯一の日本人ということもあり、国内のファンから大きな期待が寄せられている中上。2019年は序盤からシングルフィニッシュを連発し、イタリアGPでは5位と表彰台も見えてくるポジションまで登ってくるなど、そのパフォーマンスは上昇しているように見える。

 前述のように、来季の中上は2019年型のマシンを駆るが、今年中盤には最新型の供給を希望していた。結果、希望は叶わなかったわけだが、2020年の契約ではシーズン中にアップデートを受けられる内容となっているようだ。

「もちろん型落ちは型落ちですけど、決まったことですから(条件などは)変えられないです。今年同様に、(ファクトリーチームのマシンが熟成しきっていない)シーズン序盤はチャンスと言うか、そこを集中して行きたいと思っています」と、中上は言う。

 アップデートを受けられなかった2019年は、「後半戦では差が目に見えて感じられた」と語っていた中上。条件面も改善された来季に目指すリザルトについては、“表彰台”と高い目標を示した。

「多くのライダーが来年で契約が来れるので、そういったところを見据えて、しっかりとしたパフォーマンスを出して、将来に向けて早めに契約を勝ち取りたいなと思っています」

 中上の語るように、来季はファクトリーチームのトップライダーたちの契約が切れる節目のシーズンだ。それだけに、序盤戦で良いリザルト……“表彰台”を獲得したい、と彼は意気込みを見せた。

「来年は開幕戦カタール、タイ、アルゼンチン、アメリカと続くので、(5月スペインGPからの)ヨーロッパラウンドへ入った時に契約の話ができるように、その序盤4戦をひとつの区切りとして前半戦をしっかりやっていきたいです」

「今年の時点でシングルフィニッシュは当たり前になってきていました。なので、その部分をもう1ランク上げて、5位や6位にする。(そうすれば)得意なサーキットなどでは表彰台も見えてくると思います。『まずは表彰台!』というところもありますね」

「トップ5や6でコンスタントにレースができれば、良いところまで行くことができると思うので、前半戦は歯を食いしばって頑張りたいと思います」

 そう中上は言葉を締めくくった。日本人が最後にMotoGPクラスで表彰台に登ったのは、2012年。中上が来シーズン表彰台を獲得すれば約8年ぶりとなる。

 来季のマシンについてポジティブな語り口だった中上。その表情からも不安は伺えなかった。2020年シーズン、表彰台でイデミツマークで作られた“日の丸”が見られる日がやってくるかもしれない。

Read Also:

次の記事
マルク・マルケス、英国オートスポーツ・アワードの最優秀ライダー賞を4年連続受賞

前の記事

マルク・マルケス、英国オートスポーツ・アワードの最優秀ライダー賞を4年連続受賞

次の記事

【ギャラリー】ハミルトンとロッシが”マシンスワップ”で夢の競演!

【ギャラリー】ハミルトンとロッシが”マシンスワップ”で夢の競演!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー 中上 貴晶
執筆者 永安陽介