MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

中上貴晶、右肩の手術が成功。セパンテストからの復帰に向けリハビリに入る

シェア
コメント
中上貴晶、右肩の手術が成功。セパンテストからの復帰に向けリハビリに入る
執筆:
2019/10/31 3:03

LCRホンダの中上貴晶は、怪我を負っていた右肩の手術を受け無事に成功。オフシーズンテストからの復帰に向け、リハビリに入ると語った。

 LCRホンダの中上貴晶は、MotoGP2年目となるシーズンを母国レースである第16戦日本GPで早期に終えた。そして日本GP決勝レースから1週間と少しが経った29日、中上は千葉県の船橋整形外科病院に入院し、右肩の手術を受け、無事成功した。

 中上は第8戦オランダGPでバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の転倒に巻き込まれる形でクラッシュ。その際に右肩を負傷していたが、状態は徐々に悪化してしまったという。結果、中上は来季を万全の状態で迎えるために、日本GP以降の3戦を欠場してでも手術を行うことにしたのだ。

 執刀した菅谷啓之医師(スポーツ医学・関節センター長)は、中上の術後について次のように語った。

「中上さんは肩の軟骨に重い損傷を負っていました。そのため損傷した軟骨を取り除いています」

「手術の結果はとても良いと思います。ですからMotoGPの来シーズンに向けては問題ないと考えています」

 また手術を受けた中上は「菅谷先生には本当に感謝しています。可能になり次第理学療法を始めるつもりです」と話している。

「こうして手術を受ける決定を受け入れ、そして支援してくれた出光とHRC、LCRに感謝しています。(2月の)セパンテストで復帰するのが待ちきれません」

 

 MotoGP2年目の中上は、第6戦イタリアGPで獲得した5位がベストリザルトとなった。これまでに74ポイントを獲得し、ルーキーシーズンの獲得ポイントを倍以上上回る結果を残している。

 既に来季の契約延長を勝ち取っている中上だが、使用するバイクは2019年型のRC213Vとなる予定だ。

Read Also:

次の記事
再学習する必要があるけど……ザルコ、1カ月ぶりのレースには合格点?

前の記事

再学習する必要があるけど……ザルコ、1カ月ぶりのレースには合格点?

次の記事

「僕らは“最強”だった」イアンノーネ、アプリリア『初』の首位走行に喜び

「僕らは“最強”だった」イアンノーネ、アプリリア『初』の首位走行に喜び
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
執筆者 Jamie Klein