登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本

【訃報】埜口遥希がアジアロードレース選手権のクラッシュで亡くなる。鈴鹿8耐ではSDG Hondaの2位表彰台に貢献

FIMアジアロードレース選手権に参戦していた埜口遥希が、第4戦のクラッシュにより8月16日(水)に亡くなったことが明かされた。

Haruki Noguchi

Haruki Noguchi

Motorsport.com / Japan

 有限会社ハルク・プロと昭和電機株式会社は、FIM アジアロードレース選手権第4戦インドネシアASB1000クラスのレースでクラッシュに巻き込まれた埜口遥希(SDG MS Harc-Pro. Honda. Ph)が、8月16日に亡くなったと発表した。

関連ニュース:

 埜口は8月13日に行なわれた決勝レース2の4ラップ目、ターン10で多重クラッシュに巻き込まれて負傷。サーキットのメディカルセンターで治療を受けた後、地元の病院へ搬送されたが、予断を許さない状況だとチームは報告していた。

 そして17日、ハルク・プロと昭和電機株式会社は、埜口が16日に亡くなったことを発表した。22歳だった。

 埜口は2019年から昭和電機の「世界を見据えた活動の一環」としてサポートを受け、2021年には全日本ロードレース選手権ST600クラスでチャンピオンを獲得。2022年からFIM アジアロードレース選手権への参戦を開始すると、同年の第2戦で初優勝を挙げてチャンピオン争いを繰り広げ、ランキング2位となった。

 2023年もアジアロードレース選手権に参戦し、開幕戦タイからダブルウィンを記録するなどランキング2番手につけていた。

 またつい先日、8月6日に行なわれた第44回鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、怪我をしてしまった國井勇輝の代役として急遽のエントリーだったにもかかわらず、SDG Honda Racingの2位表彰台獲得に貢献。レース後に埜口は「来週はアジア選手権があるので、そこでも良い結果を出せるように頑張っていきたいと思います」と語っていた矢先だった。

 昭和電機のプレスリリースには埜口の両親からのコメントも寄せられた。内容は以下の通りだ。

「遥希は、5歳からオートバイに乗り始め、私達家族に多くの感動と喜びを与えてくれました。今まで遥希を支え成長させてくれた多くの仲間やチーム、応援していただいた皆様に、感謝申し上げます」

 またハルクプロの本田光太郎代表は、次のようにコメントを発表している。

「こんなお知らせをしなければいけないこと、今でも信じられません」

「8/16(水)、チーム所属の埜口遥希選手がインドネシアでの搬送先の病院で息を引き取りました」

「つい10日程前に鈴鹿8耐で一緒に表彰台の栄光を勝ち取り、今季ASB1000のチャンピオン獲りに向けてシーズン後半戦、ARRCインドネシアラウンドへの激励をして彼を送り出したばかりでした」

「まだ22歳、無限の可能性を秘めた次世代のホープとしてアジアをステップに、また彼が再び世界の舞台へと羽ばたいてくれることを期待していました」

「そんな道半ばでのあまりにも早すぎる逝去は、とても無念で悔しく、残念でなりません」

「レースでのアクシデント後、皆様から数多くの励ましのご連絡やメッセージをいただきましたこと、チームを代表し、深く御礼申し上げます」

「今でも信じたくない、認めたくない気持ちで、まったく気持ちの整理もできておりません」

「しかし僕らがこのことを理由にレースを欠場することは遥希もきっと望んでいないと思います」

「強い気持ちをもって、予定通り今週末の全日本ロードレース第5戦もてぎ2&4にチームとして出場致します」

「なお、今後の対応につきましてはご遺族様のご意向に従いまして、改めてご報告させていただきます」

 

前の記事 クアルタラロ、オーストリアGPに向け「過去の成績は保証にはならない」としつつも全力投球へ。昨年は2位表彰台獲得
次の記事 株式会社ホンダ・レーシングの渡辺康治社長、埜口遥希の逝去にコメントを発表

最新ニュース

速いだけでは通用しない。角田裕毅が世界の荒波に揉まれる中で手にしたモノとは? 現地で感じた成長と伸びしろ|F1コラム

速いだけでは通用しない。角田裕毅が世界の荒波に揉まれる中で手にしたモノとは? 現地で感じた成長と伸びしろ|F1コラム

F1 F1
プレシーズンテスト

速いだけでは通用しない。角田裕毅が世界の荒波に揉まれる中で手にしたモノとは? 現地で感じた成長と伸びしろ|F1コラム 速いだけでは通用しない。角田裕毅が世界の荒波に揉まれる中で手にしたモノとは? 現地で感じた成長と伸びしろ|F1コラム

マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る

マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る

F1 F1

マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る

インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!

インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!

F1 F1

インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない! インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!

今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」

今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」

SF スーパーフォーミュラ
鈴鹿公式合同テスト

今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」 今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本