MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
15 時間
:
45
:
10
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
7 days
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
15 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
35 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
43 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
64 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
70 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
71 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
92 days
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
99 days
13 11月
Canceled
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

【公式発表】2020年のMotoGPアメリカズGP、開催中止

シェア
コメント
【公式発表】2020年のMotoGPアメリカズGP、開催中止
2020/07/10 14:42

延期されていた2020年のMotoGPアメリカズGPは、新型コロナウイルスの影響により開催中止となることが、ドルナ及びFIM、IRTAから発表された。

 MotoGPの2020年シーズンは再開を今月19日に控えているが、新型コロナウイルスの影響によって開催中止となるグランプリが新たにひとつ増えることがわかった。

 ドルナ・スポーツ、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)、IRTA(国際ロードレーシングチーム連盟)は10日にMotoGPアメリカズGPの開催中止を正式に発表した。

 MotoGPアメリカズGPは今年4月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて延期。当初は11月に日程が再度設定されていたが、ドルナが公表した新スケジュールは欧州戦のみで、フライアウェイ戦については未定となっていた。

 今回の決定については新型コロナウイルスの感染が広がっていることが原因だと発表には記されている。なお発表以前からアメリカで新型コロナウイルス感染拡大第二波が勢いを増していることも有り、グランプリ開催は難しいと考えられていた。

 なおドルナは、2021年のグランプリ開催に向けて日程の提案を開始していると明かしている。前例を踏襲するなら4月となる可能性が高い。

 またサーキット側がSNSに投稿した声明には次のように記されており、2021年4月16〜18日開催の可能性が高いと見られる。

「“ホースパワーロデオ”はより強く、より良くなって来年の2021年4月16〜18日のMotoGPレッドブル・グランプリ・オブ・アメリカズに戻ってくる!」

「今季の11月13〜15日に予定されていたイベントは中止された。チケット保有者にはメールでさらなる詳細情報を送る予定だ」

 アメリカズGPが中止となったことで、フライアウェイ戦として実施される可能性のあるグランプリは、タイ、マレーシアそしてアルゼンチンの3ヵ所となった。

 MotoGPは11月と12月初旬に、可能であった場合にフライアウェイ戦を組み込むための空きを用意している。そしてその決定は7月末までに行なわれると考えられている。

 

Read Also:

「今年はマルケスと常に戦いたい!」クアルタラロ、MotoGP2年目に気合入れる

前の記事

「今年はマルケスと常に戦いたい!」クアルタラロ、MotoGP2年目に気合入れる

次の記事

ペトロナス・ヤマハSRT、モルビデリと2年の契約延長。ロッシとの契約発表はなし

ペトロナス・ヤマハSRT、モルビデリと2年の契約延長。ロッシとの契約発表はなし
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント アメリカズGP