MotoGP
11 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
18 10月
イベントは終了しました
25 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
08 11月
イベントは終了しました
13 11月
Canceled
15 11月
イベントは終了しました
22 11月
イベントは終了しました
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

初PPのオリベイラ、決勝では厳しい戦いに? 初アルガルヴェでタイヤ消耗未知数

シェア
コメント
初PPのオリベイラ、決勝では厳しい戦いに? 初アルガルヴェでタイヤ消耗未知数
執筆:

MotoGP最終戦ポルトガルGPで初のポールポジションを獲得したミゲル・オリベイラだが、そのまま決勝レースで母国戦優勝へ突き進めるとは考えていないようだ。

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれたMotoGP最終戦ポルトガルGPの予選では、母国戦となるミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)が前戦ウイナーのフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)をわずか0.044秒差で破ってキャリア初のポールポジションを獲得した。

Read Also:

 この勢いのまま母国戦優勝と行きたいところだが、オリベイラはモルビデリを始めとした強力なライダーたちとの争いになることを予想。さらに初開催サーキットでのタイヤの消耗も未知数でありレースは予測が難しいと考えている。

 レースをポールポジションから支配できると思うか? そう尋ねられたオリベイラは「いや、そう言ってのけるのはかなり難しいと思うよ」と答えた。

「僕ら(MotoGP)はここでレースをしたことが無いし、逃げるためには自分に有利なことがたくさん必要だと思う」

「確かに勝つにはPPは良いモノだ。よりリラックスさせてくれる。ただ、レース序盤には非常に強いライバルがいると感じている」

「それから15周くらいした後に、タイヤがどうなるかが分からない。僕らは楽観的かつ自信を持つことが必要だけど、あまり調子に乗りすぎないようにしないとね」

 ポルトガルGPは当初観客を迎えてのレースが想定されていた。しかし新型コロナウイルスの流行が再び始まっていることで、結局他のレースと同じように無観客試合となってしまった。

 たとえ無観客であろうと母国でのレースはプレッシャーが加わっているかと訊かれたオリベイラは次のように語った。

「いや、余分なプレッシャーになっているとは思っていない。僕としてはここでレースをすることができるのは名誉なことだと思っているし、それだけだ。上手くやりたいし、楽しみたいと思っている」

「ここポルトガルでレースができることが、僕にとって特別な意味を持っているのは事実だ。僕はただこれを楽しむしかない。当然だよね」

 オリベイラはFP4でのレース想定のペースでは、非常に優れていたというわけではなかった。しかし彼はFP2での走りは良かったことから、決勝でもコンスタントなペースを示せると考えている。

「そうだね、確かに強さを感じられているし、僕のペースは明日に向けて結構有望だと思っているよ」と、オリベイラは言う。

「バイクのセットアップを整理することが必要なのと同時に、4つのタイヤコンパウンドも試さなくちゃいけなかった」

「それは簡単なことじゃなかった。それで皆が15周後には何が起こるかがわからないままレースに出場することになっていると思う。だけど僕は落ち着いているよ。バイクのフィーリングはとても良いから、レースでもコンスタントな走りができると思っているんだ」

 

Read Also:

MotoGPポルトガル予選:オリベイラ、初ポール獲得で母国に錦飾る。中上貴晶11番手

前の記事

MotoGPポルトガル予選:オリベイラ、初ポール獲得で母国に錦飾る。中上貴晶11番手

次の記事

初日好調も予選では低調……“いつもの展開”にビニャーレスうんざり「勝つのは不可能」

初日好調も予選では低調……“いつもの展開”にビニャーレスうんざり「勝つのは不可能」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ポルトガルGP
ドライバー ミゲル オリベイラ
執筆者 Lewis Duncan