MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
37 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
65 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
72 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
86 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
93 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
107 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
142 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
156 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
170 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
185 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
192 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
205 days
R
オーストリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
213 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
219 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
234 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
241 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
248 days

予選2番手獲得のモルビデリ、僚友クアルタラロは”世界で最も手強い相手のひとり”

シェア
コメント
予選2番手獲得のモルビデリ、僚友クアルタラロは”世界で最も手強い相手のひとり”
執筆:
2019/10/20 1:59

日本GP予選で2番手を獲得したフランコ・モルビデリは、チームメイトのファビオ・クアルタラロを倒すのは難しいことだと語った。

 MotoGP第16戦日本GP予選で、2番手フロントロウを獲得したフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)。彼は、3番グリッドに並ぶチームメイト、ファビオ・クアルタラロを上回るのは、”世界で最も難しいことのひとつ”だと語った。

 第4戦スペインGPでMotoGP最年少ポールシッターとなったクアルタラロは、ルーキーながら今季すでに4度のポールポジションを獲得する速さを見せている。

 MotoGP参戦2年目を迎えているモルビデリが、予選でクアルタラロを上回ったのは日本GPで3度目。濡れた路面が乾いていく難しいコンディションの中で、ポールポジションを獲得したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と0.2秒以内の差で、ヤマハの若手ふたりがフロントロウを争った。

 クアルタラロを負かしたことが力になるかと訊くと、モルビデリはmotorsport.comに次のように答えた。

「予選アタックでファビオを打ち倒すのは、世界で最も難しいことのひとつだと思う。彼は信じられないほど速く、水を飲むみたいに速さを引き出すことができるんだ。だから(上回ることができて)嬉しいよ」

「僕は(レース)ペースも良いから、決勝も良いレースができると期待している。でもあまり過信したくはない。まずはコースに出て、それからだ」

 モルビデリは、ドライコンディションとなった18日(金)は”1日中”速かったため、ドライでレースが行われることを期待している。

 クアルタラロの活躍に隠れているが、モルビデリは直近4レースで3度トップ6フィニッシュを飾るなど調子が上向いている。同時に、ヤマハ勢全体の成績も上がってきているが、モルビデリはクアルタラロの成功がそれに寄与していると語った。

 ヤマハ勢好調の理由について、モルビデリは「それにはふたつの理由が組み合わさっていると思う」と説明した。

「ひとつはファビオだ。彼はこのバイクで驚くべきことをして、信じられないほど速く走れるということを示したんだ。だから彼はヤマハの全ライダーに正しいモチベーションをもたらした」

「そしてもちろん、ヤマハのパッケージも改善された。これによりヤマハ勢全員がさらに前進した」

 予選でモルビデリの後塵を拝したにも関わらず、クアルタラロは自身のパフォーマンスに自信を持っており、ドライとウエットがミックスされたコンディションでは「人生で最高の走りだった。こんなコンディションで速く走れたことはなかったからね」と話した。

「僕たちは本当にフロントロウを獲得できるとは思っていなかった。でもFP4でフィーリングが良いことが分かり、それが可能だと思ったんだ」

「自分のアタックラップで多くのミスを犯したことを考えると、今回の結果には本当に満足している」

Additional reporting by Lena Buffa

Read Also:

次の記事
MotoGP日本WUP:PPのマルケスが首位。中上貴晶15番手タイム

前の記事

MotoGP日本WUP:PPのマルケスが首位。中上貴晶15番手タイム

次の記事

ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場。全22台の戦いに

ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場。全22台の戦いに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
サブイベント 予選Q2
ドライバー ファビオ クアルタラロ , フランコ モルビデリ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Valentin Khorounzhiy