MotoGP サンマリノGP

ワイルドカード参戦ペドロサ、スプリントに続き決勝でも4位「表彰台に登れるかもと思った」依然復帰は検討せず

KTMのテストライダーであるダニ・ペドロサは、MotoGPサンマリノGPにワイルドカード参戦を果たし、決勝では表彰台まであと一歩という走りで4位入賞を果たした。彼自身も表彰台という目標を意識していたようだ。

Dani Pedrosa, Red Bull KTM Factory Racing

 MotoGPサンマリノGPにワイルドカード参戦したダニ・ペドロサ。KTMでテストライダーを務める彼は現役引退から4年以上が経過し、今月末で38歳になるものの、スプリントに続き決勝でも表彰台まであと一歩というところまで迫り、周囲を沸かせた。

 ペドロサは決勝レース終盤、今年のポイントリーダーであり、昨年のMotoGP王者でもあるフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)を追い回した。しかしオーバーテイクをするには至らずにフィニッシュ。優勝したホルヘ・マルティン(プラマック)、2位のマルコ・ベッツェッキ(VR46)、そしてバニャイヤに次ぐ4位でチェッカーを受けた。

 ペドロサは表彰台獲得を目指したが、今のMotoGPは空力や車高調整デバイスの関係で「明らかに以前よりもオーバーテイクが難しくなっている」と感じたという。

 ペドロサは今季、シーズン前半のスペインGPで1度ワイルドカード参戦を果たしており、その時も7位入賞と衰えを感じさせない走りを見せた。そして今回はそのスペインGP以上の活躍ぶり。ただ、今年はもうレースに出走する予定はなく、ワイルドカード参戦の計画もないという。そして本格復帰するつもりもないということを彼は改めて語った。

「戻ってきてレースをして、良いパフォーマンスを発揮できたのは良いことだ。でもあまり、懐かしさは感じなかった」とペドロサは言う。

「自分自身をどう評価していいのか分からないけど、パフォーマンスにはかなり満足しているよ。チームもミス無くよく働いてくれたと思う」

Dani Pedrosa, Red Bull KTM Factory Racing

Dani Pedrosa, Red Bull KTM Factory Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「レースのフィーリングは日曜日の方が良かった。スプリントは重要だしポイントを手にできるけど、僕は日曜日こそがレース、真の戦いだと思った。それが僕のフィーリングだ」

「日曜日は土曜日よりもずっと緊張していた。朝の時点ですでに緊張していると感じていたんだ。でも本当に楽しめたし、4位があんなに気持ちよかったのは初めてだ」

 そう語る一方で、ペドロサは表彰台を狙っていたことを認めた。

「土曜日の時点でペッコ(バニャイヤの愛称)よりもペースが良いのは分かっていたから、スタートを決めれば表彰台に上がれると思ったんだけど、そこで失敗してしまった。ペッコよりアドバンテージがあったけど、抜けなかったね」

 そしてペドロサは、スプリントと決勝での4位やKTMのレギュラーライダーを圧倒する走りに対する賞賛、そしてMotoGP復帰を望む声に改めて感謝の意を示した。

「戻ろうとは思っていない。それを抜きにしても、ライダーの数がバイクの数を上回っている問題もあるだろう」

「僕はとても楽しんだけど、何事にも時期というモノがあって、僕には僕の時期があった。今はどんどん、外側からバイクを楽しめるようになっている」

 

前の記事 マルケスに残ってもらえるように、チームの抜本的改革が必要。ホンダMotoGPチームマネージャーのプーチ「言葉ではなく事実で説得しなきゃいけない」
次の記事 サンマリノGP完全制覇のマルティン、MotoGPタイトル候補もプレッシャー無し「僕はファクトリーライダーじゃないからね!」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本