ペドロサ、KTMテストライダー就任か。ワイルドカード参戦はなし?

シェア
コメント
ペドロサ、KTMテストライダー就任か。ワイルドカード参戦はなし?
執筆: Oriol Puigdemont
協力: Valentin Khorounzhiy
2018/09/11 2:18

ホンダのダニ・ペドロサはMotoGPを引退した後、KTMのテストチームに加わる可能性が高まっているようだ。

 今季限りでMotoGPを引退することが決まっているダニ・ペドロサが、来季からKTMのテストチームに加わる可能性が高まっているようだ。

 7月のドイツGPを前に、MotoGPからの引退を発表したペドロサ。彼の後任には、ドゥカティからホルヘ・ロレンソが移籍してくることになっている。

 ペドロサは2001年に125ccクラスで世界選手権デビューを果たして以降、ずっとホンダのバイクに乗ってきた。2006年にMotoGPに昇格して以後も、レプソル・ホンダに所属。ホンダ一筋のまま、MotoGP引退を迎えることになった。

 ホンダは、彼をテストライダーとして起用することに前向きな姿勢だったが、KTMも同様にテストライダー就任を打診していると明かしていた。

 KTMのチームマネージャーであるマイク・ライトナーは、かつてペドロサのチーフメカニックを務めており、ペドロサの起用を熱望。また、KTMのタイトルスポンサーであるレッドブルも、ペドロサとのコラボレーションを継続する機会を伺っていたという。

 最終的にペドロサとKTMは契約に合意したとみられており、KTMテストチームのうち、数人のメンバーにはペドロサの合流が近いと知らされているようだ。

 KTMのレギュラーテストライダーを務め、今季もワイルドカードしてMotoGPに参戦していたミカ・カリオはドイツGPで負傷、年内はランディ・ド・プニエが彼に代わってテストを担当するが、そこにペドロサも加わり2人体制でテストが進められるとみられる。

 ドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピッロや、来季アプリリアのテストライダーに就任することが発表されたブラッドリー・スミス(現KTM)とは異なり、ペドロサはワイルドカード参戦することはなく、KTMのバイクRC16の開発に集中する予定とのことだ。

 2006年のMotoGP昇格以降毎シーズン1勝は挙げてきたペドロサだが、現在ランキング11位で表彰台獲得もなしと苦しいシーズンを送っており、今年がMotoGPキャリアの中で最低のシーズンとなるのはほぼ間違いない。

 ペドロサはサンマリノGPで、ライダーコーチを務めていたセテ・ジベルナウが今後ペドロサに帯同することはないと認めた。

「僕は今シーズンで(MotoGPキャリアを)終える予定だし、彼には子どももいる。チャンピオンシップもこんな状態だから、それで問題ない」と、彼は説明している。

 それでも今季はあと8レース残っており、ペドロサも最高峰クラスでの通算勝利数を32に伸ばしたいと考えている。

「コーナーで良いスピードを得るために、もっと良いセッティングが必要だ。それは僕が毎週末探しているものだ」

「僕たちは適切なバランスを見つけることができていないようだ。それは、より効果的なライディングをするために必要なものだ」

「僕にとって、現時点でトラックはそれほど問題じゃない。バイクのセッティングが問題なんだ」

次の MotoGP ニュース
MotoGPコラム:フェナティの矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

前の記事

MotoGPコラム:フェナティの矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

次の記事

ドヴィツィオーゾ「チームも僕も、どうしてもミサノで優勝したかった」

ドヴィツィオーゾ「チームも僕も、どうしてもミサノで優勝したかった」
Load comments