MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days

「ペドロサの働きが重要になる」ザルコ、後半戦の進歩に期待を寄せる

シェア
コメント
「ペドロサの働きが重要になる」ザルコ、後半戦の進歩に期待を寄せる
執筆:
2019/08/03 3:03

夏休み中に行われたテストライダーのダニ・ペドロサによるテストが、シーズン後半戦に向けて重要になると語った。

 今シーズンからKTMへ移籍したヨハン・ザルコだが、RC16への適応が進まず、前半戦は厳しいものとなってしまった。トップ10フィニッシュは1度のみで、9戦で獲得したポイントもわずか16に留まっているのだ。

 KTMでテストライダーを務めているダニ・ペドロサは、怪我によりテストを行えない状態が続いていたものの、6月に復帰しプライベートテストを実施。この夏休み中にもレッドブルリンクで3日間テストを行った。

 ザルコは以前からペドロサのマシンに対するコメントが自身のものと似ていると指摘していた。ザルコはペドロサの夏の間の働きによって、自身のライディングスタイルを犠牲にすることなく、プッシュすることができる新たなセットアップをもたらすと考えているようだ。

「フレッシュなスタートを切るため、そして良いベース(セットアップ)を得るためにも、この夏にダニが行った仕事は素晴らしいものだ」

 チェコGPに何かアップデートを持ち込むのかと訊かれたザルコはそう答えた。

「彼はとてもクリーンなライディングをするライダーで、マシン上で何をしているのかを完全に把握しているんだ」

「僕にとっては、良いベースセットアップを見つけることがとても重要なんだ。過去数レースは自分を見失っていたけど、そうならずにプッシュできるようにする必要がある」

 スペインGPでバイクに対する不満を爆発させたザルコは、KTMのステファン・ピエラCEOから批判を浴び、釈明するといった事件も起こった。この”衝突”以来、ザルコは新たなマネージャーとして元WGP500参戦ライダーのジャン・ミシェル・バイルを迎えた。ザルコは、再び自分自身のことに集中する上で、こういった変化が助けとなっていると話した。

 KTMに移籍してからの前半戦をどう考えているかをザルコに尋ねると、今は現状を受け入れていると語った。

「後半戦の焦点は、前半戦で経験したようなすべての感情を上手にコントロールすることだ」

「(バイクが)自分の望むようにならず、悲しく感じる時が何度もあった」

「サマーブレイクのおかげで、僕は自分の状況を受け入れることができた。そして、そういった事を受け入れることが、(精神的に)より良い仕事をする上で役に立つんだ。すぐに進歩には繋がらないような変更でも受け入れることができる。現時点では、何も変えなければ進歩はできないんだ」

Read Also:

次の記事
「ファクトリーマシンには値しない」クラッチロー、中上貴晶に厳しい評価を下す

前の記事

「ファクトリーマシンには値しない」クラッチロー、中上貴晶に厳しい評価を下す

次の記事

チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒

チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ 発売中
チーム レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング
執筆者 Lewis Duncan