MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

ペトロナス・ヤマハSRT、2021年体制を発表。“生ける伝説”バレンティーノ・ロッシが加入

MotoGPに参戦するペトロナス・ヤマハSRTが2021年シーズンに向けたチームローンチイベントを実施。新たに加入するバレンティーノ・ロッシと、フランコ・モルビデリの師弟コンビが姿を見せた。

ペトロナス・ヤマハSRT、2021年体制を発表。“生ける伝説”バレンティーノ・ロッシが加入

 ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスへ参戦するペトロナス・ヤマハSRT。彼らは3月1日に2021年シーズンのチームローンチイベントをオンラインで実施した。

 ペトロナス・ヤマハSRTは2019年にMotoGPクラスへの参戦を開始。チームはファビオ・クアルタラロが1年目から非凡な才能を示して頭角を現わすと、2020年にはクアルタラロとフランコ・モルビデリがそれぞれ3勝を記録しチームランキングで2位を獲得してみせた。

 クアルタラロは今季からヤマハファクトリーチームへ移籍。そして、その後任として9度の世界王者であるバレンティーノ・ロッシが加入。VR46アカデミー出身で、弟子と言えるモルビデリとチームを組むことになった。

 ロッシはこれまでチームを移籍する際、彼のチームをまるごと引き連れて来たが、今回それは不可能だった。そのためロッシはクルーチーフのダビデ・ムニョス、データエンジニアのマッテオ・フラミーニ、パフォーマンスアナリストのイダリオ・マヌエルの3名と共にSRTへ移ることになった。

 またロッシは引き続きヤマハからフルファクトリーサポートを受け、最新型のYZR-M1を使用する。一方でモルビデリは“Aスペック”と呼ばれる2019年型に改良を加えたYZR-M1を使用する事になっている。

 なおイベントで公開された2021年のマシンカラーリングは、昨シーズンからは大きく変わっていない。

【ギャラリー】ペトロナス・ヤマハSRT 2021年シーズンマシン&ロッシ&モルビデリ

 これで2021年シーズンに向けた発表を済ませていないのは、アプリリアとスズキのみとなった。アプリリアは3月4日、スズキは3月6日にそれぞれチームローンチイベントを実施する予定だ。

 そして3月6日からはカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでプレシーズンテストが開始。同月28日には開幕戦カタールGPが行なわれる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
KTMテストライダーのミカ・カリオ、右足を骨折。地元で出場したバイクレースでアクシデント

前の記事

KTMテストライダーのミカ・カリオ、右足を骨折。地元で出場したバイクレースでアクシデント

次の記事

マルケスとの対決を意識するエスパルガロ弟。でもチーム内では“和”も大事に?

マルケスとの対決を意識するエスパルガロ弟。でもチーム内では“和”も大事に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Lewis Duncan