MotoGP
28 6月
-
30 6月
イベントは終了しました
05 7月
-
07 7月
イベントは終了しました
02 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
R
第13戦サンマリノGP
13 9月
-
15 9月
次のセッションまで……
18 days
R
第14戦アラゴンGP
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
25 days
R
第15戦タイGP
04 10月
-
06 10月
次のセッションまで……
39 days
R
第16戦日本GP
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
R
第17戦オーストラリアGP
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
60 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
67 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
81 days

ドゥカティに明暗。9位ペトルッチ、予選の“転倒”が尾を引いた?

シェア
コメント
ドゥカティに明暗。9位ペトルッチ、予選の“転倒”が尾を引いた?
執筆:
2019/08/14 5:36

ドゥカティのダニーロ・ペトルッチは、予選で喫した転倒の影響で、レースでも苦戦することになったと語った。

 MotoGP第11戦オーストリアGPで、ドゥカティのダニーロ・ペトルッチは9位にとどまるなど、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾが優勝を飾る一方で精彩を欠いていた。

 ペトルッチは前戦チェコGPでも苦戦しており、ファクトリーチームに加入以来ワーストとなる8位フィニッシュで終えた。そして今回、その“悪い”記録を更新してしまうことになった。

 ペトルッチはオーストリアGP予選Q2の終盤にクラッシュを喫したことで、12番グリッドと中盤まで沈んだ。そしてこの予選での転倒が影響し、レースを台無しにしてしまったと彼は考えている。

「FP4で僕は3番手か4番手を争っていた。その時はとても暑いコンディションで、フロントに履いたハードタイヤを適切に機能させることができていた」とペトルッチは語った。

「(予選で)僕はフロントに自信がありすぎて、少し速すぎるかもしれない速度で、マシンを曲げていこうとしてしまった。そして、クラッシュしてしまった」

「レースでは少し怖かった。そんなに暑くなかったし、ハードタイヤを使うには自信がなかったんだと思う。だけど、それ(ハードタイヤ)がハードブレーキングにおける僕の唯一のカギだったんだ」

「ターン1で集団に飲まれてしまって、何故か分からないけど(ポル)エスパルガロが僕の前に出てブレーキングしていた。そして次の周には彼と(カル)クラッチローが転倒して、僕もほとんど転倒しかけていた。それでまたポジションを3つか4つ落として、結局14番手になってしまった」

「懸命に働いてくれたチームには本当に申し訳ない。昨日のミスやスタートで転倒スレスレだったりしたせいで、このレースは本当に悪い結果になってしまった」

「僕はこうして中団にいた時に、かなりタイムを失ってしまった」

 また、ペトルッチはミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)の後方でレースの大部分を過ごしたが、それ以上前に行くことは不可能だったとも付け加えている。

「問題だったのは、マシンを減速するのにとても苦戦していたことなんだ。それで僕は誰もパスする事ができなかった」

「レース序盤はいい感覚があった。でも(オーバーテイクは)不可能で、2度ほどオリベイラにぶつかりそうになっていた。(マーベリック)ビニャーレスや(アレックス)リンスに対してポイントを稼ぐいいチャンスだったのに、苦戦してしまった」

「去年は5位で悪くはなかった。でも今年のレースはとても難しかったよ。次戦はもっと良いレースができると思うし、上手くやりたいね」

 ペトルッチは夏休み明け2戦で厳しい結果が続いたものの、ランキングでは3番手を維持。だが、4番手のアレックス・リンスに12ポイント差で追い上げられている状況だ。

Read Also:

次の記事
「優勝を狙えるサーキットが待ちきれない」クアルタラロ、3位獲得に自信を得る

前の記事

「優勝を狙えるサーキットが待ちきれない」クアルタラロ、3位獲得に自信を得る

次の記事

アレックス・マルケス、マルクVDSとの契約を延長。来季もMoto2参戦

アレックス・マルケス、マルクVDSとの契約を延長。来季もMoto2参戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第11戦オーストリアGP
サブイベント Race
ドライバー ダニーロ ペトルッチ
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 David Gruz